私は私。

アディッシュ取締役 杉之原明子のブログです。

社長が子育てに悩んでる?男性社員による男性社員のための育児お悩み相談(ゆるいです)

ある日の全拠点朝礼、代表の江戸が、部署の飲み会で子育ての相談をして救われたという話をした。興奮気味に、ひどく嬉しそうに。その話を聞きながら、そういえば、社内に子育てフェーズの男性社員の声があまり流通していないということに気がついた。

これはぜひ再現したい!と思い、男性社員3名に協力いただいて『男性社員による男性社員のための育児お悩み相談』を企画。いろいろな事情から、社員はお面を着用することに。

f:id:adish_HRdelight:20180516152340j:plain

当日は15名ほどの社員が傍聴席参加。お昼を食べながら、ゆるーい雰囲気で開催した。

突っ込みどころが多々あるかと思いますが、ゆるーくお付き合いいただけますと幸いです。それでは、スタートです。

 

社長が子育てに悩んでる?

ライオン 皆さん、今日はお集まりいただきましてありがとうございます。この発信は管理部門からの発信、リクエストでいいんですかね?

杉之原 いえ、杉之原からのリクエストです(笑)。

ライオン 杉之原さんからの発信ですね。僕は、なんでこれがリクエストされたのかなと考えまして、最初に3つの驚きがあったんです。

f:id:adish_HRdelight:20180516144712j:plain

ライオン 1つ目は、あの江戸さんがご家庭の悩みを抱えていて、飲み会で話してくれたこと。次に、江戸さんが全拠点朝礼でその話をしたということに驚いたんですね。最後は、江戸さんが悩みを解決するために休暇を取ったのですが、それが、社長就任以来初の休暇だったということ。この3つの驚きが、皆さんが聞きたくてやまないんじゃないかなと思っているわけです。

この夢の1時間は特にゴール設定ないらしいんですけど(笑)、キリンさんと絡むのも実はお初なので、本題に入る前に皆さんにご紹介いただきたく。パパ経歴みたいなものもちょっと絡めながらお話していただきたいなと思います。まず江戸さんから!

f:id:adish_HRdelight:20180516152226j:plain

江戸 はい、今、私は子どもが2人います。3歳と1歳。会社設立して2か月後に第一子が生まれたっていう。

ライオン はあ~奥さんなかなか大変ですね。

江戸 どちらも男の子。2児の父として3年ほど経って、2人の育児は大変だなと思いながらやっています。

ライオン 今現在、悩みはありますか?あるかなしかで。

江戸 今?今はだいぶ解消されました。飲み会で相談したときはどうしたらいいんだろうって感じでしたけどね。

ライオン それ凄いですよね。ありがとうございます(拍手)。では、キリンさん。

f:id:adish_HRdelight:20180516143304j:plain
キリン うちは1歳9か月の子どもがいます。共働きなんですけど、妻のほうが僕より年齢が上ですし、年収も全然高くてですね、家庭内権力の差がありまして。育児をめちゃくちゃやんないと怒られてしまうっていう悩みがあります(笑)

シロクマ それは、しようがない。

キリン 子どもはもうすぐ2歳でして、イヤイヤ期かなあと。若干始まったんです。保育園に通わせていて、0歳児クラスの時は結構慣れていて預けても泣かなかったんですけど、1歳児クラスになり下のクラスの子ができてから、預けた瞬間にギャン泣きなんですよ。超かわいいですけど。これからイヤイヤ期も始まりつつ、赤ちゃん返りも始まるのが悩みかなーなんて思ってます。

ライオン なるほど。ありがとうございます。ぜひこの時間でキリンさんの悩みが解決できたら素晴らしいですね(笑)

キリン 今日それでいいんですか(笑)

ライオン ゴールは分からないですけど。ありがとうございます(拍手)。次、シロクマさんお願いします。
シロクマ はい、シロクマです。僕はですね、皆さんよりもだいぶ子どもが大きくて、4月に小学生になりました。ランドセル背負っているらしいです。

f:id:adish_HRdelight:20180516143345j:plain

ライオン らしいって…

シロクマ 僕は今、単身赴任的な感じでなので、ちょっと最近会えていないのが悩みといえば悩みかなと思いますが。わりと家族が全面的にいろいろやってくれているので、いわゆるイクメン的なことは全くやっていない状態ですね。大きな声ではあまり偉そうに言えないです。

ライオン はい、ありがとうございます(拍手)。最後、私、ライオンですね。

f:id:adish_HRdelight:20180516143408j:plain

ライオン  今子どもが1歳2か月、双子で一卵性の女の子がおります。私自身、育休を取得した経験があるので、この中では育児をやっているほうになるのではと思っていて。妻が大変な時期に育休をとったことにより、今、無茶ができる。それもちょっと良かったかなという状況です。僕はどちらかというと悩みを持ってないので、皆さんが悩みなかったらどうしようかなと思ってました。今日はキリンさんとシロクマさんの話ができるといいのかなと思っています。

 

なぜ妻が怒っているか分からない

ライオン  流れは特にないんですけど、江戸さんの悩みがどう解決されたかみたいなの興味ありますか?皆さん。ない?

シロクマ あれ。会場、ノーリアクション。

キリン あります、あります(笑)

ライオン 江戸さん、ちょっと思い出してもらいたいんですけど、あのね、思い出せるよう僕一応調べてきたんですよ。

江戸 何調べてきたんですか?

ライオン Yahoo!で(笑)。

f:id:adish_HRdelight:20180516144854j:plain

ライオン  思い起こせば、ときは2月20日。部署の数名で飲んでいた時、江戸さんが参加してくれて。疲弊しちゃってグッタリしちゃってた江戸さんが、急に悩みがありますと(笑)。江戸さん、どうしました?から始まったんですよね。珍しいなというか、江戸さんでも自己解決できない課題あるんだと。

シロクマ そう、それがまずびっくり。

ライオン 当時の悩みって、覚えていらっしゃいますか?

江戸 その当時は、育児からくるんですけどちょっと夫婦仲ピンチみたいなかんじでしたね。

ライオン はいはいはい。そうだ。

江戸 はい。ちょっと険悪になってて。背景は下の子がだんだん大きくなってちょっと動けなるようになって、ずっと追い回すと。それが大変になって、なのに旦那は仕事から帰ってこないし、土日も結婚式だとかなんとか言って家に居ないし、お前は一体何をやっているんだ?みたいな感じで険悪になってたっていう。

シロクマ しかも、話を聞いてる段階で、最初は、江戸さんが育児に参加していないんじゃないかみたいな話があったんですが、よくよく聞くとしてるんですよね。

ライオン そう。だって土日は公園にいって遊ばれるとか。

シロクマ 子ども連れて遊びに行ったり。なんか育児はそれなりにやっているよね、という感じだったんですけど。

ライオン なんでそれで奥さんは怒るんだろうと。

 

問題は、育児参加ではなく2人の時間が取れていないことだった

シロクマ それで、よくよく聞いてみたら、土日ほとんど休んでいない説。

江戸 そう、土日休んでなかった。会社を設立してから、土日のどちらかは必ず仕事するってのを自分に決めてて…そのときは、たしかにあんまり家族に時間使ってなかったなと。あと、土日にイベントが重なって。結婚式とか重なるとその日家に居ないじゃないですか。それが続くとワー!みたいな。

ライオン そこで、一旦出た結論が何でしたっけ?

シロクマ もう休めって。

江戸 そう。あと、感謝を述べよ。

ライオン 奥様への感謝が足りてないんじゃないかと。

江戸 感謝を述べるために、飲み会の少し後が妻の誕生日だったんですけど、誕生日にベタなことをやれと。で、結論的にはディズニーシーに行ったんですけど。

f:id:adish_HRdelight:20180516145052j:plain

ライオン お子さんも連れて行かれたんですか?

江戸 いや、子どもは妻方の両親に預けました。

ライオン 確か、奥さんは、休みを取って子どもの世話をしてほしいわけじゃないんじゃないかと。

江戸 どちらかというと妻へのケアだった。

ライオン そう、そこなんですよね、そこが多分今回のポイントで、奥さんは育児の手伝いをしないから怒っていたわけではなかったということですよね。

江戸 ま、そうですよね。育児で煮詰まっていて、それと同時に噴出したみたいな。そんな形でした。

ライオン それで僕らが休みをとったほうがいいと言って、すぐにその場で休みを押さえたんですよね。結果、奥さんからのフィードバックは?

江戸 フィードバックは貰えてないですけど、それ以降、仲がいいです。きっとキリンさんも、奥さんとの時間を取るのがポイントなんじゃないかみたいな(笑)

 

社員の声:有休は緊急時に子どものために使うものになっています

キリン 2人の時間を作るのは、前は結構やっていましたけどね。

シロクマ 今はやってないんですか?

キリン 今はちょっとあの…そうっすね(笑)。

江戸 やってないんじゃない。

キリン やってない。たしかにやってない…。

f:id:adish_HRdelight:20180516144347j:plain

キリン 今の自分の状況だと、会社休むって、イコール子どもが体調崩すとき。いつ体調を崩すか分からないから、やっぱ有休を残しておくために、私的に使いづらいです。本当に緊急に使いたいときに残ってなかったらまずいんで、有休は子どものために使うもののイメージ。

江戸 土日に行くのはどう?

キリン それがあの…子どもを1日見てもらえる人が近くにいないんで…じゃあ、あれですね、結論は、有休じゃない有休制度を作る。

ライオン 江戸さんが休暇をとったことに引っぱられ過ぎじゃないですか?それ以外の方法ってないですかね、まだ課題感がまだ明確にわかってない。

シロクマ 平日は有休を残しておかなきゃならないし、土日だと預ける人がいないしっていう2つの課題。

ライオン 今、保育園に預けている時間は?

キリン 9時~18時ですね。

ライオン 長いね。

キリン フルタイムでうちも働いてるんで。延長保育は使いたくないんで、そうすると、18時15分までに保育園に迎えに行かなきゃならないんですよ。そのために僕は18時ぴったりに退勤を押す。で、保育園まで7分ぐらいで着くんですよ。

ライオン それはいいことなんですよね。

キリン はい。18時15分に保育園の教室のベルがチリリと鳴ったその瞬間から延長保育なんで、その前に滑り込むという生活を送っています(笑)

ライオン それは平日毎日ですか?

キリン そうです。スタッフには、すいませんと言って。

ライオン 今の生活はなんとかしたいですか?今やれているならOKな気もするんですけど。

キリン それはそうかもしれません、、

シロクマ とは言え、幼稚園のお迎えが仕事に影響がでていることはだいぶでかい課題ですね。

ライオン そうですね、たしかに。

キリン 家族の誕生日の休暇制度が欲しい。

シロクマ ああ、そういうのいいんじゃないですか。

ライオン でも率直に、家族の誕生日休暇が仮にあっても解決しなくないですか?

キリン いやその日だけは、子どものための有休ではなく、休暇を使う。

ライオン なるほどなるほど。そっか、有休使えないもんね…。

キリン うちの息子はホントに弱くて、1ヵ月に1回呼び出しがあり、そこから2~3日休むこともある。

ライオン あぁ…

キリン この間呼び出されたときの理由、すごいですよ。××××が腫れましたって連絡が(笑)。

f:id:adish_HRdelight:20180517081409j:plain

キリン 聞いた瞬間、電話で「はぁ?」って。思ったのが、それ何科なんだろうって。脱線しましたけど、保育園預けてからやっぱりすごい休みましたね。去年とかで20日分くらい有休使ったような気がします。

江戸 それは有休使ってるね。

キリン 今、若干安定してきましたけど。0歳児のときは本当に凄かったです。こんなに風邪ひくんだみたいな。

ライオン 今、キリンさんは一番どうしたいですか?有休をもっと増やしてほしいのか。

江戸 奥さんとデートしたいのか。

キリン 1人の時間が欲しい。

ライオン あぁ、そういうことなんだ。

江戸 そっち?!1人の時間が欲しい?

ライオン 結局そうなんですよ。

キリン 子どもを1日みることに対しての僕のネックは、煙草休憩なんです。

f:id:adish_HRdelight:20180516144938j:plain

ライオン え?

シロクマ 吸う暇ないですもんね。

江戸 あるじゃない、だって子ども寝るよ。普通に、2~3時間に1回。

キリン 寝ますよ。12時半~15時まで2時間半ぐらい寝ますよ。

ライオン そのときにめっちゃ吸えばいいじゃないですか。

シロクマ そういうもんなの、煙草休憩って。

キリン でも、休みの日の僕の一番の至福は、子どもと一緒にお昼寝なんですよ。

ライオン あー、そこは寝たい?会場から「贅沢だな」の声が(笑)

 

社員の声:ところで、どのくらいお金がかかるか不安です

キリン 今月1日に結婚したタロウ君(仮名)と去年結婚したマスオ君(仮名)にも今日参加してもらいました。若手の2人から質問があるかなと思うんですけどいいですかね。

ライオン はい、一旦キリンさんのお話は以上いいですかね。お二人、無茶ブリになってませんか?よろしくお願いします。

タロウ 質問というか不安なんですけど。このあと結婚式があって、そのあと子どもができると思うんですけど、単純にお金が足りないっていう…それが一番でかくて赤ちゃんが産まれるまで、いくらぐらい用意しておけば安心みたいな目安ってあるんですか?

ライオン それは江戸さん、お願いします。

f:id:adish_HRdelight:20180517082459j:plain

江戸 産まれるまでは特にない、かな?

タロウ 産婦人科とか行くときお金かかるじゃないかと…

江戸 あー、産まれるときのってことね。入院費とかですね、5~60万ぐらいかな。

ライオン 何が不安なんですか?お金がないってこと…?

タロウ お金がないっていうか、何もかも稼ぐってことが不安なんです。

江戸 それか、それはそうだろうな。そう思うわ。

ライオン 周りに先輩のお友達いないのですか?

タロウ なかなかいないですね。

江戸 キリンが目の前にいるよ。

タロウ お友達…

ライオン 先輩か(笑)

シロクマ あと、各種補助の制度。

ライオン そうそう。児童手当とか、それから医療費控除。子どもの医療費かからないですから。ちょっとすっきりしましたか?

タロウ あとはドカンとかかるお金は特にないですか?

ライオン オムツが一番かかるかな。

シロクマ オムツケーキっていう、オムツがいっぱいささったケーキ状のプレゼントもらったことがあるけど、やった!って。

江戸 オムツケーキは嬉しいよね、一瞬でなくなったけど(笑)。

タロウ あとはおもちゃでしょうか。ベビーカーとかチャイルドシートとか各種器具。

ライオン それはかかるね。

江戸 今どき、誰かからもらうとか、シェアもあるよね。

 

社員の声:自分の親と妻のコミュニケーション、みんなどうしてますか?

ライオン もうお一人、マスオさん、いかがですか?

マスオ 僕の悩みですか?悩み…。ちょっと思っていることは、うちの妻、実家が離れてるんですよ。もし子どもができてなにかあった時って、妻の実家を頼れないんですね。僕の親に頼ることになることになるんですけど、ただそういうことに対して、妻が結構負い目というか、感じるんじゃないかって。そういう、家との付き合いとかどうすればいいんでしょうか?どうやって仲良くなってもらえばいいんだろうと。

ライオン 奥さんは実際どうなんですか?ちょっと困っているのか。

マスオ そんなには思ってはいないと思うんですけど。実際、ゴールデンウイークとかもご飯行こうと思ってますし。

ライオン 正解か分からないですけど、数を重ねるっていうのあるよね。

マスオ なるほど、会う頻度ってことですか?

ライオン そう、会う頻度。2時間がっつりより、15分が6回あった方がいいと思う。

シロクマ 名言。

マスオ なるほど。

ライオン これを短期的にやってしまうのはありだと思います。会える機会があったら会うっていう。短い時間でいいから。あと時間を決めて会うと帰りやすい。

マスオ あー、何時までとか。

ライオン そう。もうこの時間に帰るんだと。会社に永遠といるみたいな状態って結構つらいじゃないですか。

マスオ ちょっと会う頻度を高めてみます。

ライオン ほかに案はないですか?

シロクマ まずはやってみて、また次の課題が発生したら解決していけばいいんじゃないですか?

ライオン そうしましょう。最後に、せっかくなのでシロクマさん、もし悩みがあれば…。

シロクマ 特にないです。

f:id:adish_HRdelight:20180517082222j:plain

ライオン いや、さっき、家族に会えてないって話もあったじゃないですか。

シロクマ このあと会うんで。ゴールデンウイーク。

江戸 シロクマさんの悩みを聞き出すところからですね。

シロクマ また次回ってことで。

ライオン シロクマの悩みを解決する回。悩み作っておいてください。

シロクマ わかりました。悩んでおきます。

ライオン それでは、また次回があればそのときやらせてもらいましょう。この場をいただいたことを感謝し終わります。どうもありがとうございました。(拍手)

 

~終~

 

f:id:adish_HRdelight:20180516145148j:plain

協力いただいた御三方、ありがとうございました!代表の江戸も含め、飾らないトークに感謝です。次回も楽しみにしています!

 

 

バドミントン部復活!待っていてもつながりは生まれない。放っていても生まれない

嬉しいことに当社に参画いただくメンバーが増えている。世の常の現象だが、徐々に「社内のつながりが薄い」という声が上がるようになった。話すきっかけが生まれるようにと、コミュニケーションボードを設置してみたり、新たに参画いただいたメンバーの掲示用プロフィールシートに付箋でコメントを入れられるようにしてみたり、交流ランチ企画を開催してみたり。

 

待っていてもつながりは生まれない。放っていても生まれない

こういった草の根的施策をいくつかやってみてつくづく実感するのは、率直に言って「待っていてもつながりはできませんよ」と思うし、一方で「ならばと放っていてもつながりは生まれませんよね」ということである。

 

非公式なつながりを100作りたい

こういった背景から、今年は「委員会活動」と称して社内の非公式なつながりを推奨することにした。既にスタートしている「データ活用ワーキンググループ」「ビジョン検討委員会」のような本業に近い活動もあれば、「ゲーム部」のような趣味を通じたつながりも生まれている。

非公式なつながりを強制して息苦しくなってもしようがないので、100のきっかけを作ってアクティブが10くらいあればいいな~くらいのノリで考えている。

 

ということで、バドミントン部復活!

思えば、私自身、インターンで働いていた頃にバドミントン部を運営していた。運営は多少パワーが必要だったが、その活動を通じて非公式なつながりが出来て、めぐりめぐって仕事がしやすくなっていった経験がある。

ふとしたときに、つながりが自分にかえってくる - 私は私。

ということで、数年ぶりにバドミントン部を復活させようと決意。このような依頼をするなど大変恐縮なことであるが、ケネスさんに「バドミントン部の部長をお願いします」と言ってみた。

Suginohara san did another thing that changed my office life.  She assigned me as the manager of the Badminton Club, even though the club didn’t exist!  However, I had to take her order because, as she always said, “Kenneth is ‘My Intern’”.

 

「私のオフィスライフが変わりました。杉之原さんに、バドミントン部の部長に任命されたからです。バドミントン部なるものは存在していないのに!しかし、私はやらなければいけません。なぜなら、杉之原さんはいつも「ケネスさんは"マイ・インターン"」と言っているからです(笑)。」

と、英語の全拠点朝礼でジョークを飛ばしながら、体育館調査からしてくださり(何よりケネスさんのお人柄が素敵すぎる…)、こうして昨年、バドミントン部が復活した。

f:id:adish_HRdelight:20180514181905j:plain

そして、本日が2度目の活動。
f:id:adish_HRdelight:20180516220352j:image

久しぶりにダラダラ汗をかいて気分もすっきり。ありがとうございました!感謝です。

 

 

#"マイ・インターン"のジョークについて

すべての社員に贈る、幸せに働く人生のアドバイス ~マイ・ストーリー~ | Needle-Movers

 

 

 

リアルALLadishMTG始動!リーダーシップの総量について

アディッシュでは、四半期に一度、全拠点会議を開催していて、この会議を”ALLadishMTG”と呼んでいる。今夏、”リアルALLadishMTG”と称して、全拠点からメンバーが一同に介すことになった。

初のリアルALLadishMTG開催にあたり、先月、準備委員会のメンバー募集を行った。全社を巻き込む大イベントである。委員会として活動するには、まあまあ重たそうな響きがするだろう。果たして一緒に活動してくれるメンバーはいるだろうか。私はドキドキしていた。

 

だから、ついに迎えたキックオフMTGの日、私はとても嬉しかった。心から嬉しかった。「社員ひとりひとりの顔を見て仕事をしていけるようになりたいから」「いろいろな人と活動したい、関わりを持ちたいから」「イベントに絡むのが好きだから」「杉之原が困ってそうだったから」参加理由は様々、ほぼ全部署からメンバーが集まってくれた。私は嬉しい。

一緒に活動することになったメンバーに伝えたこと。

f:id:adish_HRdelight:20180512113639j:plain

それから、

全社を動かすプロジェクト経験であること

全社タスクというのは、ときに、とてつもなくめんどくさいし、おまけにすぐには報われない。私自身、インターンや新卒時に多くの機会をいただいたが、むしろ悔しかったことのほうが多かった。少しでも仕事が疎かになると厳しい目で見られる。頑張った結果、心無いコメントが寄せられることもある。なんでこんなこと言われなきゃいけないんだろう。じゃあお前がやれよ、もう二度とやるもんかと思った瞬間もたくさんあった。

でも、いいのだ。そんなことはどうでもいいのだ(本当は誰よりも私が気になっちゃうのけど)。もちろん、いただく意見のなかには、改善につながるもの、勉強になるもの、自分の成長につながるものがある。しかし、それ以上に、全拠点のメンバーを動かすプロジェクト経験。これは間違いなく、これからの仕事の進め方に変化が生まれたり、思わぬ縁やチャンスを引き寄せることになる。数年後に、実は自分の糧になっていたことに気づく。必ず気づく。これだけは心から伝えたい。

 

正解がないプロジェクトであること

私自身、常日頃は正解を求められる役割であるが、今回のプロジェクトは本当に正解がない。私も誰も、正解を持っていない。誰かのなかの正解を探すのではなく、「私たちがどうしたいか」「どんなイベントにしたいか」「誰にどんな気持ちになってほしいのか」。これがめちゃくちゃ重要になる。今月来月は、この初期設定に時間を使う予定だ。ここさえ固まれば、誰になんと言われようと、あとはチームを信じて進むだけ。

 

だから、合言葉は"ナイスリーダーシップ!"であること

こういった類の活動は、メンバーひとりひとりの熱量が生命線だ。だから、誰かが率先して動いたら、「ナイスリーダーシップ!」と声をかけ合うことに決めた。

粒感はなんでもいい。

「定例MTG、時間だけ設定しときました!」「ナイスリーダーシップ!」

「出欠アンケート作りました!全社に流しちゃいますね」「ナイスリーダーシップ!」

 

Slackにあふれる「ナイスリーダーシップ」。ああ、幸せ。

f:id:adish_HRdelight:20180512111220p:plain

 

みんな本業がある。みんな忙しい。おまけに正解がないプロジェクトだ。

ひとりひとりがリーダーシップを1%でも発揮しちゃう。そういうチーム感がいい。

 

アディッシュは、既にアツイ夏が始ってます!(と、自分を奮い立たせる…)

  

 
 
#「ナイスリーダーシップ!」は、私が8期生として活動していたIHLヘルスケアリーダーシップ研究会で仕入れたフレーズ。全員本業がある中で、どのようにプロジェクトを気持ちよく進めていくか。リアルALLadishMTG運営委員会は社内プロジェクトであるが、同じ性質だ。

IHLヘルスケアリーダーシップ研究会9期生募集開始!イノベーションは辺境から生まれる - 私は私。


 
 

It's time to trust my instincts. Close my eyes... and leap!!!

今年で丸10年が経った。大学在学時にインターンで働き始めてから丸10年。たった10年、されど10年。

 

仕事面も人格面も、全然足りない

この10年間、本当に至らなかったし、取り返しのつかないこともしてしまったし、いろいろな方にご迷惑をおかけした。それでも10年間変わらなかったことは、こんな私に懲りず、いつも解決策を見出そうとしてくれる諸先輩方・同僚の存在と、チャンスをいただき続けたこと。ありがたいことに、仕事面も人格面も常に背伸び状態だった。いまも、どちらも全然足りていない。強烈に自分と向き合わされ続ける環境に感謝している。

これからも、新たなことに飛び込みながら進化し続けたい。

 

なんとかなるよ精神を少し手に入れた

 インターンのころは、「なんとかなるよ!わっはっはっはっ!」と笑う上司たちに、「いやいや、笑ってる場合じゃないでしょ!」と思っていた。リーダーになって分かった。起きていることを嘆いたって何も生まれないことを。チームの力をもってすれば、どこかになんとか落ち着くことを。

「なんとかなるから、大丈夫!」と大声で吹き飛ばせる自分でいたい。

 

価値を出し続けることの難しさ、だから一歩踏み出す力を手に入れた

新規事業の立ち上げ、営業サポートチームの立ち上げ、メディアの立ち上げ、会社の設立、管理部立ち上げと、新しく生まれるシーンを経験してきた。何かを始めることは大変は大変だけれど、価値を出し続けることはもっと大変であることを知った。おかげで、新しく始めることのハードルが著しく下がったことに気づく。

自分から動く、一歩踏み出すことが、怖いけど怖くない。始めてからが始まりだから。

 

さて、私は、ブロードウェイ・ミュージカル「ウィキッド」が好きだ。大好きだ。ちょうど10年前に日本で劇団四季ミュージカルが開幕して以来、もう中毒。ブロードウェイでも観たくてたまらなくて、お金を貯めてはNYにも3度足を運んだ。(現在、劇団四季は休演中でかなり悲しい)

f:id:adish_HRdelight:20170120221511j:plain

奪われた自由を取り戻すため、たとえ一人になろうとも、信じた道を突き進むエルファバの姿と、魂の歌声がものすごい熱量で迫ってくる。胸の高鳴りが止まらない。涙が止まらない。

 

一歩踏み出すことに躊躇したときに言い聞かせる。

It's time to trust my instincts. Close my eyes... and leap!!!

(自分のチカラを信じる時が来た。目を閉じて…飛び立つのよ!)

 

 

次の10年も、胸が高鳴る方へ。

 

 

 

有給休暇に理由はいらない

今日の部署定例でメンバーに伝えた。 

  • 8月末頃までかけてリフレッシュのための有給休暇を計画してほしいこと
  • 有給休暇を取得する際、理由は必要ないこと

f:id:adish_HRdelight:20180424182804j:plain

 

1年スパンで自分のバランスを考える

私の休暇の取り方といえば、日々の仕事と自分のバランスでピーピーキャーキャーし、自分に息苦しくなったら逃避するように休みを取る、という具合だった。

それでもここ数年は、ある程度まとまった休暇を計画し、バリやNYといったお気に入りの地に飛ぶようにしている。これが、1年スパンでのバランスを考えたときに私にとって大切であることに気づいたからだ。最初のころは、休みを取ることに罪悪感があったし、休み中に何か起きたらどうしようと思ったりして、やっぱり仕事が気になって仕方なかった。

しかしそれ以上に、まとまった休暇を取ることで、息苦しい自分から離れて、気持ちの整理をつけたり、体中の空気を全部入れ替えたような状態になれることに気がついた。

 

チームの休むスキルを高めたい

自部署を見渡すと、少しずつ高まっているとは思うが、休むスキルをもっと高めたい。まとまった休暇を強制したいのではない。有給を散らばらせるやり方もあるだろう。最初は休む理由がないかもしれない。子どもと過ごす、溜まっているプライベートタスクをこなす、好きなことをする、ずっと寝ているのでも、なんでもいい。

それぞれの状態を良くする休みの取り方を一緒に研究していきたい。

 

理由はいらない

からしたら、ミッションを実現するために一緒に成果を出していきたいことが上位にありすぎて、ひとつひとつの休暇の理由など興味がない。もちろん、理由を共有したほうが休みやすいこともあるだろう。私も、重ためのライフイベントに直面しているメンバーの状況は、サポートの意味合いでも共有してほしい。

ただ、有給取得に何か理由が必要だとは思ってほしくない。

 

誰かがいないと仕事が回らないと思い込んでいるチームではなく、休暇によってエネルギーの総量が高まっちゃってるチームがいい。

 

パラレルキャリア、社会人芸大生2年目の気づき

私はいま大学4年生だ。昨年、京都造形芸術大学に編入し、早いもので丸1年が経った。

変化を生み出す主体者になりたい。『ハイコンセプト』を読んで芸術大学に入学した話 - 私は私。

 

社会人大学生をやってみて気づいたこと。 

f:id:adish_HRdelight:20180423104254j:plain

 

時間の使い方と向き合う

現在、毎月やってくるレポート期限に追われる生活を送っている。1,200~3,200字程度のレポートを昨年度は24本。そのための時間の確保は絶対で、日々の時間の使い方を考えざるををえない状況だ。(このリズムに慣れてきた頃、だいたいこのくらいで大丈夫だろうと思った瞬間単位を落とし、洗礼をくらった。)

日々の時間を何に使うのか、これからの1年も選び取っていきたい。

 

芸術の切り口から本業を考える

大学では芸術教養を専攻しているのだが、芸術史から現代のコミュニティデザインまで扱う幅が広い。歴史から時代背景を学び、既にある方法論を習得した上で、現代社会や地域が抱える課題に対してどのようにアプローチしていくか。

想像していたよりも、ビジネスと重なる部分が多くあることに気づく。芸術という切り口からビジネスを考える。刺激を受けまくっている。

 

the fuzzy and the techie へ

副業解禁など様々な働き方がある中で、私自身は、ここ数年はパラレルキャリアを考えている。今までとは全然違う分野に点を作りたい。

Forbes JAPAN2017年12月号を読んでいた際に、"the fuzzy and the techie" という言葉を仕入れた。原書は読めていないのだが、"fuzzyは芸術や哲学、心理学といった人文科学や、政治学などの社会科学を学んだ人のことで、"techieは、STEM科目(Science, Technology, Engineering and Mathematics)を学んだ人"。新たな価値を生み出していく上で、リベラルアーツがfuzzyとtechieの二つを橋渡しする、そういう人材ではないか、という内容だった。

もちろん、何かを勉強すれば確実にその分野で活躍できるというわけではなくて、"知識はいろんな場所に行くためのきっかけを与えてくれる「パスポート」のようなもの"。私で言えば、理学ひとかじり×ビジネス実践×芸術かじり中。the fuzzy and the techieという観点からも、どのように線になっていくか、芸術は結構面白い選択ではないかと思っている。

 

あと1年、頑張るぞ!

 

 

 

ロールモデルへのプレッシャー「あとは結婚(と出産)だけだね」

このブログは、「大変失礼ですけど、結婚されてますか?」について - 私は私。 の続編である。

 

「あとは杉ちゃんが結婚して、子どもを産んだら完璧だね」  

「杉之原さんが子どもを産んで働き続けることに意味があるんだよ」

大変ありがたいことに、このような声をいただくことがある。気にしすぎているわけではないけど、気にならないわけでもない。非難したいわけではないし、ピュアに言っていただいていると思う。

ただ、期待いただいて嬉しい一方で、こればっかりは頑張りようがない。

f:id:adish_HRdelight:20180420092512j:plain

 

制度はあるにこしたことはないけど、本質は仕事の仕方

先日リリースいただいた、チームメンバーの松下と一緒に取材いただいた記事なのだが、私はこれがお気に入りだ。

www.mamatenna.jpm

私は、「職能タスク(日々の仕事)」と「事業タスク(ありたい姿を実現するための仕事)」という仕事の仕方が好きだ。

「働き方を自分でつくることができるので、業務範囲を着々と拡げることができ、今後ますますキャリア形成に力を入れていきたいです」(松下さん)

とあるが、強調したいのは、松下とは、単に時間をやり繰りする働き方ではなく、仕事の仕方を変革してきたことだ。2年かけて。

松下と出会ったとき、彼女は日々の仕事である職能タスク100%の状態で、ルーチンワークに追われ、時間の融通が利きづらい状態だった。現在は、職能タスク55%・事業タスク45%となっていて、仕事と時間の使途を自分でコントロールできる働き方へと変わった。さらに、事業タスクを通じて業務範囲を拡げ、新たなキャリアパスに挑戦もしている。 

書くのは簡単だが、これまでの仕事の仕方を変えることは、誰もがやり切れることではない。何よりも、松下の推進力が素晴らしい。松下にとってのこの2年間を知ることができたこと、こういった情報発信をすることができたことが、私はとても嬉しい。

 

既にいるロールモデル見える化すればいい

子どもを持つ女性社員のロールモデルは、私じゃなくたっていい。既にあるストーリーを見えるようにしていけばいいんだと、今年はそういう年にしていきたいと思っている。

 

 

 

 #関連URL

子どもを授かりました。こんなときに申し訳ありません - 私は私。 

ママパパ社員に囲まれて、チームのタスク設計が変わった話 - 私は私。