読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は私。

アディッシュ取締役 杉之原明子のブログです。

TOEIC企画2016、事前に悔いを告白したガイアックス経営陣は誰だ!?

英語
 
明けましておめでとうございます。
 
本年も、遊び心を散りばめながら、直球で書き綴っていきたいと思います。お付き合いのほど、どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
さて、新年早々ではありますが、毎年恒例のこの企画からまいります! 

 
ガイアックスグループでは、事業は当然、英語力だって急成長!をテーマに、大真面目なTOEIC企画が開催されている。
2016年のルールはこちら!
  • 経営チーム(3名)VS 若手チーム(4名)の団体戦
  • 2016年内にチームメンバー全員『835点』の獲得を目指す
  • ただし、若手チームは2名900点獲得を目指す
  • 1名でも未達の場合は罰ゲーム行き
  • 両チームとも罰ゲームもあり得る
  • 12月11日(日)実施分がチャレンジ最終回
  • 未達チームは、世界一臭い缶詰「シュールストレミング」を食せよ
 
ちなみに、『835点』の条件がどこから来ているかと言うと、
昨年の最低点(というか上田さん)である。
 
さて、昨年9月に中間報告を申し上げた際、
 
たった一人、異彩を放っているメンバーがいたことを覚えているだろうか。
第6コース【経営】エンジニア代表:佐々木喜徳 
f:id:adish_HRdelight:20160502120056j:plain
 
①直近のTOEICの点数
385点(75点UP)
 
いまのところ順調に点数が伸びていないので、ヤバイですー!w
 
 
この破壊力ある状況、周囲を多少ざわっとさせたこの男から、最終の結果発表を前に連絡が来た。清らかな気持ちでご一読ください。
皆さまへ
 
 
昨年は、TOEICレースに参加したものの奇跡の300点台をたたき出した後、公私共に多忙(言い訳)のため、達成を狙うどころか、途中で事実上放棄するという事態となりました。

心から反省しています。
 
 
某忘年会で、同じくレース出走中のN澤氏から「来年もチャレンジするなら、形から入った方が良いよ!」とのアドバイスを真摯に受け止め、昨年の失態を悔い改めるためにも「頭を丸める」くらいの気概が必要だと心に決めました。
 
 
年末年始は、親戚とのアレコレがあるので、仕事始めの前夜に美容室へ。
f:id:adish_HRdelight:20170104163631j:plain
 
 
ただ坊主にするだけではインパクトがない(絶対に避けたい)。英語といえば金髪ではないかという"神のお告げ"が降りてきて、美人美容師の花岡さんに「金髪にしてください」と発注。
f:id:adish_HRdelight:20170104120450j:plain
こうして私は、英語に近づくことができたわけですが、家に帰って、息子が一言。
 
「だ、だいじょうぶ、、、?」
 
f:id:adish_HRdelight:20170104120434j:plain
 
いったい息子は何を心配したのだろう・・・
 
年始から家族に心配されながらスタートすることになった2017年となりました。
 
そして、2017年も再チャレンジします!!
今年もよろしくお願い致します!!!
 
 
おおお!!!本企画から、金髪とーちゃん、その名も“ジョンソン”を輩出してしまった!!
 
他メンバーの結末はいかに?近日中にご報告!(現在結果連絡待ちです)
 
 
 
 
#後日談
f:id:adish_HRdelight:20170105093642j:plain
 
 
#補足
尚、この連絡と罰ゲームは別モノです。
 
 
TOEIC企画2015の様子はこちら

 

わが人生のキーワードは「度胸と直感」だとわかった(原田マハ)

オフモード 出会った言葉 読んだ本
 
今年読んだ90冊のうち、20冊が同じ小説家だった。
 
そう、私は出会ってしまったのだ。
 
原田マハさんに。
f:id:adish_HRdelight:20161230100638j:plain
 
小説の楽しみ方は人それぞれ、私が作品をどうこう講ずるつもりはないが、原田マハさんのプロフィールが面白い。
 
20代30代の疾走感というか、熱の塊具合というか。相当気合いが入っている。小説を読んで感じる一本の真っ直ぐな道感や、扱われているテーマというか世界観、プロフィールを拝見し、勝手に点と線を感じる。
 
わが人生のキーワードは「度胸と直感」だとわかった 
 
くー!しびれる!
 
 
 
それでは、皆さま、よい年をお迎えください。
 
 
 
 
 
 
 

応援ありがとうございました!FORBES JAPAN主催「JAPAN WOMEN AWARD 2016」総合ランキング第4位!

アディッシュのこと イベント参加報告
 
 
しばらくご無沙汰しています。【意欲ある女性が働きやすい環境づくりを積極的に行っている企業と自ら道を切り拓き活躍している女性を表彰するアワード】を知ったのですが、真っ先に杉之原さんが脳内に思い浮かびまして。
もしご興味あればと思って、情報共有です。
 
今年9月12日、元ガイアックスインターンをしていた子から突然連絡があった。私は、彼女から連絡があったことも、私を思い出してくれたことも、素直にとても嬉しかった。
 
こんなことがきっかけで、私は、FORBES JAPAN主催の「JAPAN WOMEN AWARD 2016」が開催されることを知り、エントリーしてみることにした。
 
 
そして、皆さんにも後押しいただいたおかげで、アディッシュが総合ランキング(300名未満の部)で第4位をいただくことができた。
 
コンテスト概要と、授賞式の様子はこちら
 
 
昨日発売のForbes JAPAN2月号に、ついに掲載され、ひとりでうふうふ。
 
f:id:adish_HRdelight:20161226185719j:plain
 
あ、
 
写真間違えた。
 
f:id:adish_HRdelight:20161226185938p:plain
こちら!
 
f:id:adish_HRdelight:20161226190115p:plain
名だたる企業の皆さまの並びに入ることができ、本当に嬉しい。
 
 
今までのアディッシュとガイアックスグループのメンバーが手作り、積み重ねてきた結果であって、これからも、今までの取り組みを継続しながらも様々トライし、さらなる結果として男女特に関係なく活躍している会社を、ますます目指していきます!
 
なんて鼻息荒くなった、そんな年の瀬。
 
 
 
 

福利厚生ではなく『トータル・リウォード』、「感謝と認知」を意識した1年

アディッシュのこと
 
言葉選びの大切さ
 
私は、『言葉選び』の大切さに気づいてきている。人の話を注意深く聞いていると、自分と言葉の解釈が違うことに多々気づかされる。これが時に厄介で、コミュニケーションをややこしくしたり、誤解が生まれたり。そこら辺にある言葉を安易に使うと、結果として、思わぬ方向に事が動くことがあるのだ。
 
だから私は、組織を作る上で、どの言葉を選ぶかを大切にしている。正確に言えば、少なくとも、自分が納得している言葉を使うようにしている。
 
補足しておくと、私はカタカナが好きなわけではない。ただ、例えば「福利厚生」という、人によって解釈は違えど既に強いイメージがある単語をそのまま使い続けたり、あるいは再啓発するよりも、何のイメージも持たれていないカタカナを用いてその言葉を選んだ背景から話す、という選択をしている。
 
 
『トータル・リウォード』ってやつ
 
就職活動をしていた頃、「福利厚生制度が整っているかどうか」という表現にずっと違和感を持っていた。しかも、女性として長く働くには、という文脈で使われるもんだから、なんだかその会社のレールに強制的に乗っけられるような、窮屈な言葉のように感じた。
 
もし、私が会社の福利厚生を作るとしたら、制度を作りまくることを目的にしたくないな、何か違う考え方はないかなと、そう思っていた。
 
そして発見した。『トータル・リウォード』という考え方を。
・福利厚生とは
企業が従業員に対して通常の賃金・給与にプラスして支給する非金銭報酬のこと
・トータル・リウォードとは
報酬を給与や賞与といった金銭的報酬のみならず、従業員の成長や周辺の人的関係といった非経済的報酬も含めて総合的に捉える報酬に関する新しい考え方のこと 
 
『トータル・リウォード』とは、具体的には、以下の6つの観点から非金銭報酬を考えよう、という考え方。
(Acknowledgement)感謝と認知
(Balance)仕事と私生活の両立
(Culture)企業文化と組織の体質
(Development)成長機会の提供
(Environment)労働環境の整備
(Frame)具体的行動の明示
 
 
 
「感謝と認知」がないじゃん!
 
早速、総務・労務のメンバーと、アディッシュ及びガイアックスグループにある制度を洗い出し、6つの観点で分類した。
 
そして気づいた。「感謝と認知」の施策があまりにも少ないことに。それどころか、アルバイトメンバーへのクリスマスケーキプレゼントなど、「感謝と認知」への経費削減をしようとしていた自分に。
 
さらに気づいた。以前のブログで、会社にあったらいいなと思う制度を社員が考えたプロジェクトをちらっとご紹介したが(制度がどうだこうだより、ナッジを仕掛けまくりたい - 私は私。)、ここから実現した制度は「仕事と私生活の両立」「成長機会の提供」「労働環境の整備」の観点ばかりだったことに。f:id:adish_HRdelight:20161208214849p:plain
 
つまり、「感謝と認知」は、意識的に取り組む必要がある状況なのだということに気づけた。こうして、2016年、管理部では、「感謝と認知」を『ハートフル作戦』と名付けて様々事業タスク化した。
 
 
<感謝状を勝手に贈呈作戦>
2016年は、採用活動をサポートしてくれている福岡コールチーム、ガイアックス労務に勝手に感謝状を贈呈した。f:id:adish_HRdelight:20161225121340j:plain
 
<ミッション大賞の実施>
初の試みとして、ミッション大賞、プロフェッショナル大賞(職能タスク部門、事業タスク部門)の選出を行った。
 
<年末企画!全拠点に感謝状ボックスの設置>
感謝状施策を、アディッシュ全体に広げちゃえ!という発想で、感謝状ボックスを全拠点に設置。手書きにした理由は、メールアドレスを付与していないメンバーにも届けるため。
f:id:adish_HRdelight:20161224170401j:plain
投函された感謝状。
 
f:id:adish_HRdelight:20161225121145j:plain
他拠点のメンバー宛のものは、先週発送した。明日以降、みんなの手元に届くのが楽しみ!
 
 
これからも、6つの観点でアディッシュの非金銭報酬を設計したいし、メンバーからの提案がガンガン来ちゃう土台を考えていきたい。
 
 
 
 
 
 
 
 

戦略的KY力

仕事のこと
 
『戦略的KY力』とは、社内外問わず、主に、諸先輩方に対して、若者だから許されるであろう一言を決死の思いで申し上げるスキルのことである。
 
 
f:id:adish_HRdelight:20160822164716j:plain
 
「変だな」と思ったことに、誰も何も言わないなら、言わなきゃ。今、私が言わなきゃ!!!
 
物事や状況を良くしたい、この一心で編み出したスキルが『戦略的KY力』だ。
 
 
例えば、
  
会議あるある
 
  • 論点がずれてもはや謎の議題で盛り上がったとき、「話を戻しますと〜」と話をぶった切る
  • なあなあで議論が進みそうになったとき、「話を戻しますと〜」と蒸し返す
  • 「すみません、話についていけなくなりました。次回アクションは何でしたか/この会議のゴールはなんですか/どなたのボールでしたでしょうか。」本当は分かってるけど明言させる
 
 
誰かが言わねばならぬ系あるある
 
  • 会議にいつも遅れる人に、「○分ですよー」と一言
  • 内職する人に、「外に出ていいですよ」と一言
 
 
最初は、なかなか勇気がいることかもしれない。ただ、あなたが「変だな」と思ったことは、みんなが変だと思っている可能性が高いことは間違いない。
 
空気なんて読んでたら、誰も、何も変わらないのだ。
 
 
 
#ある程度年月が経ったら、笑顔を付けることをお忘れなく。
#一方、「戦略的KY力」などと名付けて、ぴーぴーキャーキャー言ってくる若者を、ガイアックスグループの諸先輩方は、いつも受け入れてきてくれたことに感謝。ありがとう、フリー・フラット・オープン!
 
 
 
 
 
広告を非表示にする

自分を大切にしなければ、人にも優しくできないと気づいた(長澤まさみ)

出会った言葉
 
「自分に厳しいよね」と言われてハッとしたことがある。
 
働き始めた頃、私は、みんなで溜めた水を、「水が半分しか溜まってない!なんとかしなきゃ!」としか捉えられなかった。
 
もうすぐ年末が来ちゃう!このままじゃ目標達成できない!と走り続け、一人でなんとかしようとする。当然、水が突然溜まるはずもない。さらに独りよがりは進み、皆この状況を分かってるはずなのに、なんで私ばっかり走らなきゃいけないの…!!
 
こういう現象の繰り返しで疲れきっていたときに、美容院で手にとった雑誌の一節に目が止まった。女優・長澤まさみさんの言葉だった。
 
 
 
自分を大切にしなければ、人にも優しくできないと気づいた
f:id:adish_HRdelight:20151128221237j:plain
 
私は、「自分を大切にする」という視点に驚いた。びっくりすることに、あの頃の私には、「自分を大切にする」という考え方そのものがなかったのだ。
 
「自分を大切にする」とは、自分に何かご褒美をあげるとかそういうことではなく、自分を理解することではないかと思う。確かに、私は自分のことを考えることが大嫌いだった(就職活動の自己分析は本当に苦痛だった)。だから、人ともノリで会話をするばかりで理解しようとしていなかったと思うし、人の痛みも分からない人間だったと思う。
 
自分のことも分からないやつが、人の何を理解できたと言うのだろう。
 
 
その後、強烈にダメな自分と向き合わざるを得ない機会と失敗に恵まれ、自分が何に喜びを感じ、強みとはいったい何かを考え、言葉にするようになった。すると、同じように、この人の喜びはなんだろう、強みはなんだろう、自然と、人のことも知りたいと心から思うようになったのだ。
 
自分を知って受け入れなければ、人を知って受け入れるなど到底できないと気づいた。
 
始まりの言葉。
 
 
 
 
 
 

制度がどうだこうだより、ナッジを仕掛けまくりたい

読んだ本 働き方について
 
昨年読んだこの本を、なんとなく再読することにした。
ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える

ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える

 
読まれた方も多いのではないだろうか。読み返してみて、感動のあまりあやうく涙が出るところだった。Googleの素晴らしさに感動したのではなく、自分がこの1年でもやもやしたことや悩んでいたことが、言語化されていた箇所が5個くらいあったからだ。そう!それ!それそれ!
 
 
あることが当たり前になることへの腹立たしさ
 
例えば、ガイアックスグループ東京拠点にて実施された、ペットボトルの水無料制度。これは、社員から生まれたアイディアで、社員による投票で選ばれ、経営会議を通過して実施された。
f:id:adish_HRdelight:20161208214849p:plain
社員から生まれたアイディアは全部で215!
 
 
「ガイアック水」と呼ばれる、オフィスにおける健康施策のひとつだ。ペットボトル無料は今年になって廃止され、ウォーターサーバーに形を変えた。
 
私は、この変化に大賛成だ。
 
なぜなら、ペットボトル無料時代、私は、放置されたペットボトルを月に100本以上捨てていたからだ。怒りのあまり、エクセルで記録も取り、制度廃止に向けて粛々と準備を進めていた。
 
幸いにも、私が発狂する前に、経費削減を目的にウォーターサーバーが導入された。(水が美味しくて満足している)
 
 
紙コップのほうがペットボトルより放置率が低い
 
そして、ふと気がついた。
 
不思議なことに、ウォーターサーバー用の紙コップは、放置されていることが少ない。正しくは、私が捨てる件数が減少したのだ。
 
なぜだろうと思う。
 
捨ててあげる人が増えた?
  • 紙コップのほうが捨ててあげる手間がかからない?(ラベルやキャップ)
  • 紙コップのほうが所有者意識が低いため、捨てやすい? 
  • 紙コップのほうが量が少ないため、捨ててあげる人の良心が傷まない?
 
放置する人が減った?
  • マイコップを持つ人が増えた?
 
 
ナッジを楽しむ
 
「WORK RULES」を読んでいて、"ナッジ"と呼ばれる行動学的考え方の様々な事例にうなづいた。
ナッジとは英語で「人をひじで軽く押したりつついたりすること」を意味します。行動経済学と呼ばれる研究分野から出てきた用語で、選択肢をうまく設計したり、初期設定(デフォルト・ポイント)を変えたりすることで、人々に特定の(望ましい)選択を促すという意味合いがあります。例えば、スーパーやコンビニで「今週のおすすめ」「人気・売れ筋NO.1」と書く事で、消費者の選択を自然と誘導することも「ナッジ」に含まれますし、年金や医療・教育といった社会制度の設計にも応用可能です。
 
 
私は、決して、水無料に反対なわけではなく、ペットボトルを月100本以上捨てたくなかっただけなのだ。ナッジという視点からは、ゴミ箱の位置や高さを変えてみたり、謎のポスターを貼ってみたり、もっと実験出来ることはあったんだなーと、発想の転換になった。
 
 
制度を作るのは、ある意味簡単だ。
 
一方、作りっぱなしにされることも多く、制度が作られた目的がいつしかよく分からない状態になる。「制度だから当たり前じゃん」「それは制度だからそうなの!」、あるいは「そんな制度あったっけ?」と。それを形骸化と呼ぶわけだが、制度なんか、なければ作ればいいし、変えればいいし、必要ないならなくせばいいと思う。(1点、不利益変更には気をつけなければだが)
 
ただ、どの制度も、何かしら目的があって、誰かが思いを持って始まったものだ。様々なナッジを仕掛けながら、楽しくコンディションを見守っていきたい。