私は私。

アディッシュ取締役 杉之原明子のブログです。

働き方について

制度がどうだこうだより、ナッジを仕掛けまくりたい

昨年読んだこの本を、なんとなく再読することにした。 ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える 作者: ラズロ・ボック,鬼澤 忍,矢羽野 薫 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2015/07/31 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (8件) …

ママパパ社員に囲まれて、チームのタスク設計が変わった話

「多様性は必要ですか?」と聞かれたら、即答で「Yes」だ。 深堀りされると、多様性ってやつに関してまだ考えがまとまりきっていないが、少なくとも、私は、時間的制約を持つメンバーと一緒に働くことで、チームのタスク設計が変わったからだ。 そう、多様性…

バリ島のコワーキングスペースHUBUD ▶Our work is changing▶

今年も、大好きなバリ島に行ってきた。ひたすら海!のイメージだと思うが、山側のウブドもおススメ。 映画『食べて、祈って、恋をして(Eat Pray Love)』を観た方は、一気に世界観に引き込まれるライスフィールド。 海に負けないくらいの解放感と自然を感じ…

きっとなんとかなる、安心して産休に入れます

あっという間だったが、先月末、ついに妖精さんが産休に入った。 産休前最終出社日、オフィスにいたメンバーで見送る会を実施! (フォーメーション…もっと工夫すればよかった…汗) 妖精さんの人柄が表れている素敵な色合い! 産休前の動きと感じたことをま…

秘書代行サービスHelp You!の虜になった件

昨年、アディッシュの管理部を立ち上げることが決まり、私は考えていた。 とにかく限られたリソースでスタートする。普通に考えたら、一般的な管理部業務だけでリソースがいっぱいになる。会社の状況は予想を越えて変化するだろうし、案件タスクだけで悲鳴を…

チームのコミュニケーション設計を考える

私流、チームのコミュニケーション設計をまとめる。 <まず、ずっと考えていること> 1.いったい何を目指し、どんなチームでいたいか 私たちは、いったい何を目指していて、どんなチームにしたいか。 なぜそれを達成したいか。 うっすらずーっと一年中考え…

自らが一歩踏み出す、ガイアックスグループの働き方『Needle-Movers』をリリース!

先日、ついにリリースすることができた。 ガイアックスグループの女性にフィーチャーしたWebサイト『Needle-Movers』を! http://needle-movers.gaiax.co.jp/ 私は嬉しい! ちょー嬉しい!! ドキドキしながら、本日のガイアキッチンでもプレゼンさせてもら…

子どもを授かりました。こんなときに申し訳ありません

これは、チームメンバーが産休に入ることになった、そんなシーンに初めて直面している、未熟なマネージャーの話である。 出産というライフイベントを経験したことがなく、漠然とした不安を抱えているあなたへ。 これから同じシチュエーションになるであろう…

資生堂・魚谷社長のプレゼンがすごく良かった

先週土曜日、朝日新聞社主催の女性と企業フォーラムに参加した。 【女性と企業フォーラム 第2弾】「女性にやさしい」その先へ! 10:00~10:30 基調講演「経営戦略としてのダイバーシティ」 魚谷雅彦(資生堂社長 グループCEO) 10:30~12:00 パネル討論「“…

女性であることは強みでしかない

幸運なことに、私は、 仕事において男性も女性も感じたことがない。そういう業界なのかもしれないが、他業界の方にも、ネガティブな意味合いで女性だからと接されたことはない。 男女雇用機会均等法という法律が制定されるほど、 賃金を得ることに関して、…

生まれ変わったら何になりたい?からライフワークを考える

“ライフワーク”とは、 自分の時間、つまり命を何に使うかを考えることだと捉えている。 私は、現在やりたいことは表現できつつあるが、 30歳までに自分のキャリア・働き方を自らが当たり前に表現している会社にしたい - 私は私。 生涯かけてやりたいことは就…

旅行が好き!からライフワークを考える

私は旅行が好きだ。 友人とちょっと観光地を巡り、あとは夜通し飲む。 最初はこの繰り返しがとにかく楽しかった。 初めて1人行ったのは、鳥取砂丘。 留年という挫折を受け入れるため、 全国から悲しみを抱えた人が集まる場所だと思い砂丘入りしたが、 デート…

「第2回働く女性スピーチコンテスト」審査員特別賞をいただきました!

先日、埼玉県が主催するSAITAMA Smile Womanフェスタ2015内で 開催された「第2回働く女性スピーチコンテスト」に密かに出場した。 エントリーしたのは今年の6月。 書類審査、プレゼンテーション審査と経て、 最終ステージの14名としてステージに立つことが…

30歳までに自分のキャリア・働き方を自らが当たり前に表現している会社にしたい

昨日、ガイアックスの事業部長対象に開催されたプレゼン研修に参加した。 ドリームプランプレゼンテーション実行委員長河合様、 共感大賞を受賞されたチャリティーサンタ清輔様をお招きした。 分かりやすく影響を受け、 今日は、アディッシュで私が目指した…

キャリアパスはタテとヨコで考える

今日は、キャリアパスについての考えをまとめてみる。 キャリアパスという言葉について調べてみる。 会社側の視点 社員がある職位にたどりつくまでに、どのような経験を積み、どのようなスキルを身に付けるかを表現したもの。 個人の視点 将来自分が目指す職…

アディッシュ株式会社を退職しませんでした

正確には、当時ガイアックスを退職しませんでした、になる。 「○○会社を退職しました」というブログを見るたびに思っていた。私だって、いまアディッシュにいることを選択している。 なぜいま私がアディッシュで働いているか。 なぜ事業リーダーを引き継いだ…

30歳までに事業リーダーになりたい

私の就職活動は最悪だった。 企業選びの軸はただひとつ。 「大企業であるか※1」だけ。 何をどう自己分析しても将来やりたいことが分からなかった。 やりたいことが特にないから、全業界のトップ3を受けに行く。 何も絞れないので60社くらい足を運んだ。 元気…

『案件タスク』と『事業タスク』という働き方

NY旅行中、 『新クリエイティブ資本論』(リチャード・フロリダ)を読んだ。 だいぶはしょってまとめると、世の中には3つの働き方がある。 「ワーキング・クラス」 「サービス・クラス」 「クリエイティブ・クラス」 の3つ。 「ワーキング」「サービス・クラ…