読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は私。

アディッシュ取締役 杉之原明子のブログです。

リーダーじゃないからビジョナリーじゃなかった頃の話

ビジョナリーな人っていうのが特別にいて、そういう人がリーダーなのだと思っていた。事業プレゼンをしているような人は、きっと何かどこかからビジョンが降りてきた人に違いない。 私はやりたいことも特にないし、つまりビジョナリーじゃないから、リーダー…

思わず顔に出たネガティブをちょっとだけハッピーにする技

入社した頃、自分の表情をコントロールする必要があると考えていた。 これだけ聞くとちょっと気持ち悪いが、 評価報酬の場であるQCPの年間目標に記載していたほど真剣だった。 私は、基本的に顔に出る。 興味ない、 つまらない、 腹が立つ、 納得がいかない…

資生堂・魚谷社長のプレゼンがすごく良かった

先週土曜日、朝日新聞社主催の女性と企業フォーラムに参加した。 【女性と企業フォーラム 第2弾】「女性にやさしい」その先へ! 10:00~10:30 基調講演「経営戦略としてのダイバーシティ」 魚谷雅彦(資生堂社長 グループCEO) 10:30~12:00 パネル討論「“…

女性であることは強みでしかない

幸運なことに、私は、 仕事において男性も女性も感じたことがない。そういう業界なのかもしれないが、他業界の方にも、ネガティブな意味合いで女性だからと接されたことはない。 男女雇用機会均等法という法律が制定されるほど、 賃金を得ることに関して、…

コアを問う、オープンにすればするほど

振り返ると、意識的にコアを問うてきた1年だったように思う。 この1年、非常に嬉しいことに、 ガイアックスグループにて社外の方をお招きた講演会がいくつかあった。 それらを通して私がたどり着いたのは、「コアを問う」の1点。 以来、意識的にコアを問う…

その日のまえに(重松清)

母の日に思う。 今は本を読むことが日課だが、大学時代はまったく読まなかった。 本を読むよりバイト。 知より飲み会。 そんな生活を送っていたとき、「その日のまえに」(重松清)に出会った。 「その日」をテーマに紡がれる短編、 短編どうしが少しずつつ…

自戒女王

私は、求められている役割に関して自分に厳しい。 自分でそう思う。 ブログを読んでいるだけで疲れるわ、 と思われる方もいらっしゃるのではと想像する。 入社以来、ずっと仕事における自分の価値と向き合い続けてきた。 リーダーになってからはなおさらだ。…

30歳までに事業リーダーになりたい

私の就職活動は最悪だった。 企業選びの軸はただひとつ。 「大企業であるか※1」だけ。 何をどう自己分析しても将来やりたいことが分からなかった。 やりたいことが特にないから、全業界のトップ3を受けに行く。 何も絞れないので60社くらい足を運んだ。 元気…

他と自分を比較しすぎず、でも比較する

人生初の比較は親によるものだったのではないかと思う。 「○○ちゃんはすごいわね。それに引き換えあなたは」小学校にあがると、隣の芝生は青い現象に悩んだ。「私も○○が欲しい」「○○ちゃんちがうらやましい」加えて、中学高校は自分の欠点が気になるようにな…

素敵だと思うことを真似して自分も素敵になる

最近、真似る力が非常に高いことに気づいた。 会社メンバーが、私の入社当時の上司に会うことが複数あるのだが、 「なんか似てました」と言われたことがあった。 具体的にどこが似てたのかしら、と聞くと、 「笑い方とか、明るく笑い飛ばすかんじが」と。 憧…

伝える前に研ぎ澄ませる工程を入れるべし

本日の朝礼で3分間の話を担当した。 新たなコンテンツを話すのはいつも緊張する。 話し終わった後、久しぶりに足がガクガク。 練習不足の証拠である。 朝礼では、「研ぎ澄ませる」という言葉を紹介した。 私の中で絶賛流行っている言葉だ。 ブログをアップす…

ただの愚痴、言うべからず

私は、大学4年のときにインターン生としてガイアックスに入社した。入社1ヶ月後、夏合宿(社員の親睦を深めるために企画される一大イベント)に参加。 合宿では、“ガイアックスism”なるものについて丸1日ディスカッションを行い、翌日は全員で地引網をすると…

2015年の始まり、非常に清々しい理由

年が明けて現在3営業日目。 私はとても清々しい。 清々しいついでにブログを始めることにした。 昨年末の総括会で宣言した「私を知ってもらいたい」のための施策のひとつだ。 私を形作ってきた言葉や編み出してきた仕事の仕方について 僭越ながら情報発信し…