私は私。

アディッシュ取締役 杉之原明子のブログです。

アディッシュ東京オフィス、リニューアル中!

ついに永田町オフィスが完成し、ガイアックスが移転した。 新オフィス『Nagatacho GRID』はこんなかんじ。 すべての社員に贈る、幸せに働く人生のアドバイス ~マイ・ストーリー~ | Needle-Movers 新プロジェクト!すべての社員に贈る、幸せに働く人生のア…

色でしりとり(キルト作家・蜷川宏子)

今年は、『右脳の1年』をテーマに、アンテナを張ろうと決めた。「また、こいつはいったい何に感化されたんだ」は、もう少し形になってから書くとして。 番組タイトルが上手く検索できないのだが、ふと見ていたテレビで、故・蜷川幸雄さんの妻で、パッチワー…

ガイアックスグループ経営陣VS若手、TOEIC企画2016ついに結果発表!

ガイアックスグループでは、事業は当然、英語力だって急成長!をテーマに、大真面目なTOEIC企画が開催されている。 2016年のルールはこちら! 経営チーム(3名)VS 若手チーム(4名)の団体戦 2016年内にチームメンバー全員『835点』の獲得を目指す ただし、…

TOEIC企画2016、事前に悔いを告白したガイアックス経営陣は誰だ!?

明けましておめでとうございます。 本年も、遊び心を散りばめながら、直球で書き綴っていきたいと思います。お付き合いのほど、どうぞよろしくお願いいたします。 さて、新年早々ではありますが、毎年恒例のこの企画からまいります! ガイアックスグループで…

わが人生のキーワードは「度胸と直感」だとわかった(原田マハ)

今年読んだ90冊のうち、20冊が同じ小説家だった。 そう、私は出会ってしまったのだ。 原田マハさんに。 小説の楽しみ方は人それぞれ、私が作品をどうこう講ずるつもりはないが、原田マハさんのプロフィールが面白い。 http://haradamaha.com/profile/ 20代30…

応援ありがとうございました!FORBES JAPAN主催「JAPAN WOMEN AWARD 2016」総合ランキング第4位!

しばらくご無沙汰しています。【意欲ある女性が働きやすい環境づくりを積極的に行っている企業と自ら道を切り拓き活躍している女性を表彰するアワード】を知ったのですが、真っ先に杉之原さんが脳内に思い浮かびまして。もしご興味あればと思って、情報共有…

福利厚生ではなく『トータル・リウォード』、「感謝と認知」を意識した1年

言葉選びの大切さ 私は、『言葉選び』の大切さに気づいてきている。人の話を注意深く聞いていると、自分と言葉の解釈が違うことに多々気づかされる。これが時に厄介で、コミュニケーションをややこしくしたり、誤解が生まれたり。そこら辺にある言葉を安易に…

戦略的KY力

『戦略的KY力』とは、社内外問わず、主に、諸先輩方に対して、若者だから許されるであろう一言を決死の思いで申し上げるスキルのことである。 「変だな」と思ったことに、誰も何も言わないなら、言わなきゃ。今、私が言わなきゃ!!! 物事や状況を良くした…

自分を大切にしなければ、人にも優しくできないと気づいた(長澤まさみ)

「自分に厳しいよね」と言われてハッとしたことがある。 働き始めた頃、私は、みんなで溜めた水を、「水が半分しか溜まってない!なんとかしなきゃ!」としか捉えられなかった。 もうすぐ年末が来ちゃう!このままじゃ目標達成できない!と走り続け、一人で…

制度がどうだこうだより、ナッジを仕掛けまくりたい

昨年読んだこの本を、なんとなく再読することにした。 ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える 作者: ラズロ・ボック,鬼澤 忍,矢羽野 薫 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2015/07/31 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (8件) …

リーダーじゃないからビジョナリーじゃなかった頃の話

ビジョナリーな人っていうのが特別にいて、そういう人がリーダーなのだと思っていた。事業プレゼンをしているような人は、きっと何かどこかからビジョンが降りてきた人に違いない。 私はやりたいことも特にないし、つまりビジョナリーじゃないから、リーダー…

Needle-Movers誕生の裏側、言葉にしたことがどんどん叶っていくということ

Needle-Movers企画会議であるメンバーが叫んだ。 「言葉にしたことがどんどん叶っていくんだけど!!!」 その叫びを聞いて、私はすごく嬉しかったのです。本当に、そのとおりだと思うから。宣言したからには自分が動かないとカッコ悪い、という追い込みの意…

ママパパ社員に囲まれて、チームのタスク設計が変わった話

「多様性は必要ですか?」と聞かれたら、即答で「Yes」だ。 深堀りされると、多様性ってやつに関してまだ考えがまとまりきっていないが、少なくとも、私は、時間的制約を持つメンバーと一緒に働くことで、チームのタスク設計が変わったからだ。 そう、多様性…

Mr.エイティからの卒業、人生初英語スピーチコンテストに挑戦した話

久しぶりに、音楽を聴きながら出社している。 本当に久しぶりだ。 この2カ月、私は、隙間時間のすべてをスピーチコンテストの準備に費やした。 コンテストの主催は、ガイアックスグループでじわじわとその名が広まっている(であろう)英語コーチングスクー…

異業種交流、保育園Halloweenイベントに参加した話

今日は、同じビルの保育園のハロウィンイベントに参戦。 私にとっては、実に、、、異業種交流である。 参加するからには、ほんのちょっとだけ準備を。 いよいよイベント開始! 学年ごとに、子供たちがガイアックスグループ休憩スペースにご来社。 子どもたち…

経営とはジレンマへの挑戦(「あたなたの会社が理不尽な理由」)

30代を目の前にし、「自分の強みが分からない」病にかかった。 もっとも差し迫っていたのは、管理部を立ち上げることに対しての、自分自身への不安だったと思う。私に何も専門的知識がない状態で、人事労務、総務、財務のメンバーを先導し、どんどん形にして…

バリ島のコワーキングスペースHUBUD ▶Our work is changing▶

今年も、大好きなバリ島に行ってきた。ひたすら海!のイメージだと思うが、山側のウブドもおススメ。 映画『食べて、祈って、恋をして(Eat Pray Love)』を観た方は、一気に世界観に引き込まれるライスフィールド。 海に負けないくらいの解放感と自然を感じ…

ガイアックスグループ経営陣VS若手、TOEIC企画2016中間報告!

残暑お見舞い申し上げます。 2016年も、早いもので、残すところ4カ月ですね。 そう、この企画で頑張っているメンバーにとっては勝負の時期! 2016年のルールはこちら! 経営チーム(3名)VS 若手チーム(4名)の団体戦 2016年内にチームメンバー全員『835点…

モノにならなくても本物を知る(JAL植木社長)

私の母は、物事を辞める、ということに厳しかった。 例えば習い事。 親に言われて始めたバイオリンが13年。友だちが羨ましくて始めた習字8年、水泳6年。ダイエットしたくて入部したバドミントンはダラダラと8年(大学入学後は自分の意志だったが)。 これだ…

事業を信じる、チームを信じる、自分を信じる

ガイアックスグループ受付フロアの壁。 仕事に対しての価値観を書いたモノサシが社員の数だけ飾られ、コンセプトである、帰ってきたくなるオフィス"巣"が表現されている。 私が書いたのはこの言葉。(自分のがもはや見つけられないほどモノサシが増えている…

ガイアックスグループ事業部長合宿2日目、当事者意識ってやつが生まれた日のこと

当事者意識っていったいなんだ。 思い出すのは、2012年のこのブログ。 社長とプロデューサー|サイバーエージェントではたらく取締役のアメブロ 私が、ちょうど事業リーダーを引き継いだ年だった。 事業部門をつくってみてわかったことですが、プロデューサ…

ガイアックスグループ事業部長合宿1日目、当事者意識ってやつ

現在、ガイアックスグループ事業部長合宿なるもの真っ最中。 本日のテーマは、「当事者意識」。 コンテンツのひとつ、ガイアックス時代、同じ部署卒業生のフォトシンス社河瀬社長(よっ!)のプレゼン。 今までの経験をきちんと言語化されていて、私たちへの…

きっとなんとかなる、安心して産休に入れます

あっという間だったが、先月末、ついに妖精さんが産休に入った。 産休前最終出社日、オフィスにいたメンバーで見送る会を実施! (フォーメーション…もっと工夫すればよかった…汗) 妖精さんの人柄が表れている素敵な色合い! 産休前の動きと感じたことをま…

「未来に先回りする思考法」、未来の方向性はある程度決まっている

遅ればせながら「未来に先回りする思考法」すごく良かった。 未来に先回りする思考法 作者: 佐藤航陽 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン 発売日: 2015/08/27 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件) を見る まだ読んでない方、今す…

リーダー業と母親業は似ている、という視点に出会う

今年もファシリテーションをテーマにしたリーダー研修(社内研修)を開催し、 先月末に全6回が終了した。 今回は、東京拠点3名、福岡1名、沖縄1名の計5名が参加してくれた。 2016年のアジェンダは、このように設計した。 チームのコミュニケーション設計 fro…

秘書代行サービスHelp You!の虜になった件

昨年、アディッシュの管理部を立ち上げることが決まり、私は考えていた。 とにかく限られたリソースでスタートする。普通に考えたら、一般的な管理部業務だけでリソースがいっぱいになる。会社の状況は予想を越えて変化するだろうし、案件タスクだけで悲鳴を…

交通事故にあったと思え、忘れろ

だいぶん前に、「しなやかさの作り方〜らしく生きる女性たちのストーリー〜」というイベントに参加した。 質疑応答の時間で、この質問をした。 Q: 何かを成し遂げるうえで感じる恐怖との向き合い方は? この頃、私は、自分の中の恐れをなんとかしようとして…

チームのコミュニケーション設計を考える

私流、チームのコミュニケーション設計をまとめる。 <まず、ずっと考えていること> 1.いったい何を目指し、どんなチームでいたいか 私たちは、いったい何を目指していて、どんなチームにしたいか。 なぜそれを達成したいか。 うっすらずーっと一年中考え…

TABICAを使って部署の家族遠足をした話

先月、私は考えていた。 仕事から離れて部署メンバーの交流をしたいんだけど、 家庭があるメンバーは、平日夜よりも土日のほうが 集まりやすかったりするのかしら。 あれ、土日だったら子どもも参加していいじゃん。 そうだ、家族遠足をしよう! 福岡メンバ…

元チームメンバーが毎年くれる、ピーチフルな時間

今年も年貢が届いた。 元チームメンバーのこの方から届いた! めーっちゃ立派な桃が!!! 今年も、MTGスペースで、さくっと桃パーティの準備。 (あら、おそろいファッションだわ!) 桃パーティの開催も3回目。 回を重ねるごとに、私の桃攻略スキルもみる…