読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は私。

アディッシュ取締役 杉之原明子のブログです。

伝える前に研ぎ澄ませる工程を入れるべし

本日の朝礼で3分間の話を担当した。
 
新たなコンテンツを話すのはいつも緊張する。
話し終わった後、久しぶりに足がガクガク。
練習不足の証拠である。
 
 
朝礼では、「研ぎ澄ませる」という言葉を紹介した。
私の中で絶賛流行っている言葉だ。
 
ブログをアップする前、メールを送る前、プレゼンをする前、
内容が「研ぎ澄まされているか」を問うている。
 

f:id:adish_HRdelight:20151128215753j:plain

 
視点は以下の2つ。
  1. 本当に伝えたいことってなんだっけ
  2. それを伝えるためのストーリーはこれでイケてるかしら
 
本当に伝えたいことはなにかを考えると、
文章量が減る。1文が短くなる。
 
伝えるためのストーリーがイケているかを考えると、
構成が変わる。
 
 
思い切って内容をカットするだけで、
メールの段落やスライドの順番をちょいと入れ替えるだけで、
伝わりやすさがぜんぜん違う。
 
内容を整理する/まとめる、という表現もあるが、
「研ぎ澄ませる」という言葉を使うと、
思考がすーっとクリアになり、ストーリーがバチバチっと降りてくる感覚がする。
 
 
ずっとしゃべりっぱなしな自分に気づいたとき、
メールの文章がどんどん長くなってきたとき、
要領の得ないプレゼンをしているとき、
 
あー、まだ研ぎ澄まされていないわこれ~(笑)
 
 
とつぶやく。
 
するとどうだろう。
なんだか、どんどん前に進む気しかしないわ、私!