読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は私。

アディッシュ取締役 杉之原明子のブログです。

ロープレの極み、受賞スピーチのロープレをして泣いた日。

仕事のこと
ガイアックスグループは、いよいよ来週冬合宿(今年はレヴェリーと呼ぶ)だ。
そわそわしちゃう。
 
冬合宿は、全社員が出席し、事業部発表を行う。
事業が昨年の振り返りと今年の目標を宣言し、
その内容を受けて投票で総合1位(大賞)の事業が選ばれる一大イベントだ。
 
 
私が初めて事業部発表でプレゼンをしたのは2012年の冬合宿。
当時は、いち営業メンバーだった。
 
結果は総合2位。
 
その時大賞に選ばれたのが、
そう、ガイアックスグループが輩出したあの有名人だ。
 
 
同年4月、私は事業リーダーになった。
翌年の事業部発表、私はどうしても1位になりたかった。
 
チームメンバーのために、
今まで私を育ててくれた方々のために、
私を事業リーダーに承認した会社のために、
絶対に大賞が欲しかった。
 
(2012年の2位が結構悔しかったのもある…くっ)
 
 
冬合宿の3カ月前くらいから、
冬合宿を想像しただけでちょいと震えるようになった。
時期尚早すぎて資料はまだ作成できないしな…
 
そこで私は、総合優勝したとき用の受賞スピーチを考え始めた。
ドライヤーで髪を乾かしながら度々スピーチのロープレをした。
しかも、そのロープレで感極まって毎度泣いた。
(普通に聞いたら怖すぎる…)
 
 
1月に入ってからチームメンバーと一緒に資料を作成し、
もちろんプレゼンのロープレもした上で本番に臨んだ。
 
結果、1部門部門賞に選んでいただくことができた。
大賞に選んでいただけると全く思っていなかったので、
部門賞スピーチで、ロープレをしていたスピーチを展開。
全社員の前でまじ号泣。
 
直後に発表された総合1位、
念願の大賞スピーチは記憶にない。
 
 
大一番の勝負は、それを達成した後までを想像するに限る。
 

f:id:adish_HRdelight:20151128215950j:plain