私は私。

アディッシュ取締役 杉之原明子のブログです。

素敵女子ってやつになりたい(姿勢矯正編)

私は姿勢が悪い。
 
幼い頃から親に何度も注意され、
注意されるたび、胸をはって慌てて背筋を伸ばした。
 
中高大学はバドミントンをやった。
バドミントンは、半身(はんみ)という姿勢をとる必要があり、
これまた必死に胸をはった。
 
無意識に、密かに反り腰が進行していた。
 
 
社会人になって反り腰に拍車がかかった。
7cmヒールを履き、PCが入った重たいカバンを右肩にかけて走る。
さらに電車、新幹線、飛行機での長時間移動。
体が悲鳴を上げるたびにマッサージに駆け込んでなんとか耐えたが、
これって一生続くのかしらと長らく悩んだ。
 
調べてみると、
どうやら正しい姿勢を形作る筋肉が弱いことが原因で
体がガタガタっぽいことが分かった。
 
姿勢を矯正するために、
正しい姿勢で美しく歩くことがテーマだと言う教室の門をたたいた。
ウォーキングという響きも素敵女子っぽいし!
 
 
初回レッスンの驚きは忘れられない。
 
自分的には相当イケイケで歩いたのだが、
撮影してもらった動画を見ると、
 
 
 
 
もう、まじで猿人。
社会の資料集で見たことある、アレや。
 
 
想像を超えてよろしくない状態だった。
・重度の反り腰
・ハイヒール、重たい荷物で背骨がさらに曲がる
・結果、骨盤があり得ない方向に向いている
・で、胸よりお腹が出てる
 
 
何より、『正しい姿勢』を全く知らなかったことを知った。
慌てて背筋を伸ばすことも、半身も、正しい姿勢ではなかった。
 
2年間、月1で教室に通い、自分の骨と向き合った。
ほぼ毎日指定されたストレッチをした結果、正しい姿勢ってやつは概ね攻略。
背中がすっきり!たぶん!
 

f:id:adish_HRdelight:20151128222033j:plain

 
<備忘録> 
・自分の体も細かな習慣の積み重ね(※)で変えられる
・周りを見回すと、知ったふりのことが本当にたくさん
・知らない自分を知ることが初めの一歩
 
 
 
 
 
※良い習慣を増やしたい