読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は私。

アディッシュ取締役 杉之原明子のブログです。

リーダーに告ぐ:その計画に自分が一番ワクワクしているか

※ここで言う“リーダー”は、
メンバー(1人以上)と一緒に施策(粒感は問わない)を進め、
その施策の完了責任を持つ者を指す。
 
 
 
私は、タスクに行き詰まったとき、
なんか仕事が楽しくないなと思ったとき、
「今の計画に私はワクワクしているかしら」
という視点でぼーっと考える。
 
「その計画はワクワクするものなのか」と問われると、
計画を作り直さなければいけないような気がするが、
もっと簡単にワクワクっぽく出来る方法を見つけてしまった!
 

f:id:adish_HRdelight:20151016170006j:plain

 
1.こういう状態になったら楽しい!を考える
 
ひとつの課題に対して、施策を考える。
次に、その施策の「ゴール」を決めてからタスク分解をするわけだが、
 
その「ゴール」を、
「その施策が完了したら、こういう状態になってたい!/そうなったら楽しい!/素晴らしい!」
という視点で考える。
 
ちょっと中期的な目線で物事を考えるので、
今考えている施策がなくなったり、逆に新たな施策が増えたりする。
 
 
【いつものかんじ】
  • 課題:いま、Aが課題だ。
  • ゴール:これをmmddまでに解決する。
  • 施策:だからmmddまでにタスクBを実行する。 
 
【楽しいかんじ】
  • 課題:いま、Aが課題だ。ここで、Aが解決されたらチームがこんな状態になる、を考える
  • ゴール:mmddまでにチームを◯◯な状態にする。
  • 施策:そのためにAを解決することが必要で、だからmmddまでにタスクBを実行する。
ここで、「チームを◯◯な状態にする」ことがゴールならAを解決することが本質ではないんじゃないの?となると、タスクBが消える。
 
 
 
2.自分がワクワクする表現に書き換える
 
メンバーと一緒に進めるときに、
この表現を綴り、口に出すことが多くなるため、
めちゃくちゃ大事。
 
結構時間を使う。
自分がワクワクする表現に一生懸命書き換える。
 
ときには、小さな施策にも作戦名をつけてしまう。
お寒くても結構。
自分がワクワクしていればいいのだ。
 
 
 
3.メンバーに話しまくる
 
ここまでの過程を経ると、
計画の内容は変わらないのに、うん、なんだか楽しい。
メンバーに話すのも楽しい。何回でも話せる。
 
(しかも、1で中期的な像を描いているので、必要性も整然と語れる。)
 
 
 
メンバーに「この人、なんか楽しそうに話すな」と思われれば合格だ。
  
リーダーが醸す空気は伝染する。
「予算達成のためだからやる」「仕方ないからやる」「言われたからやる」は、
メンバーにすぐ伝わる。
 
ならば、今ある計画の聞こえだけでも、
自分が一番ワクワクする表現に書き換えてしまえばいい!
 
楽しんでいる雰囲気は、これまた同じくチームに伝染する。