私は私。

アディッシュ取締役 杉之原明子のブログです。

どまんなか会議ってやつをやってみた

 
昨日、事業運営会議メンバーで『どまんなか会議』なるものを行った。以前会社にお招きした、レオス・キャピタルワークス取締役CIO藤野様のご講演に触発されて実施に至った。
 
 
ご講演を聞いて、私がやらねば!と感じたことは2つで、一つ目は、講演の翌日に実施したこれ。

 
 
二つ目が、「ど真ん中のことを考える」だった。
 
ネーミングはそのままを頂戴し、ディスカッションの場を企画した。3時間かけて議論したど真ん中な問いかけは以下の3つ。
  1. 私たちは何をつくっているか
  2. なぜいまアディッシュで働いているか
  3. 私たちにとって〇〇とは?
 
 
「ど真ん中なことを考える」という藤野さんからの示唆に、皆さんはどのように向き合っただろうか。
 
私が感じたことは、まず、ど真ん中な問い自体を考える過程がなかなかもやもやだった。私たちにとってのど真ん中っていったいどこだ?ぐるぐるぐる。
 
加えて、自分でテーマを用意しておきながら、恥ずかしながら考えたことがなかったり、自分の軸がまだ確立していない問いもあり、当日はファシリテーターとしてショート寸前、頭が爆発する感覚に襲われた。
 
もちろん正解はないし、ひとつにまとめる必要もない。ただ、議論がすっきりとまとまった問いは、私たちの軸がしっかり出来ているように思えたし、議論がもやっとした終わり方をした問いについては、私たちの状態を表しているように思えた。
 
 
 
「ど真ん中なことを考える」とは、自分の、あるいは自分たちの軸を考えることで、
 
「ど真ん中なことを考え続ける」とは、軸を研ぎ澄ませていくことで、それが揺るぎない意思になり、、
 
…今日もぐるぐるの続き。