読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は私。

アディッシュ取締役 杉之原明子のブログです。

1年1テーマを決める。10年続けると10テーマ分、それが教養となる

オフモード 出会った言葉 読んだ本
 
仕事で素晴らしい方々とお話する機会がたくさんあるが、
その際に痛烈に感じるのは、自分の教養のなさ。幅のなさ。
 

f:id:adish_HRdelight:20150419151647j:plain

 
 
教養ってなんだろうと思うと、
ひとつのテーマについて考察できる程度には知っていて、
それが複数テーマある状態、なのかなと思っている。
 
 
そう思うようになったきっかけは、ある経営者の方の話から。
 
興味がある分野でOKなので、テーマを決める。
そのテーマに関する本を読んだり講演会に足を運んだりする。
 
具体的にはこんなかんじ。
 
  1. 本屋をぶらぶらする
  2. 気になった本を買う
  3. どんどん読み進められるようであればテーマに決定する
  4. 1年かけて同じ領域の本を読んだりイベントに参加する
 
 
次の年はテーマを変え、それをまた1年続ける。
 
10年繰り返せば、10テーマについて触れることになり、
それが教養となって自分に積まれていく。
 
徐々に自分の中に蓄えられた点と点がつながっていく。
 
   
2年前にこの考え方を知り、めっちゃ素敵だわ!と早速取り入れた。
 
1年目は「コミュニティ」とか「宇宙」とか「心理」とかかしらと
本を買ってはみたものの、どうもいまいちで、テーマ定まらず。
 
2年目(昨年)は、
自分の課題感から「これからの働き方」をテーマにした※1
 
 
今年のテーマは「生き方を考える」こと。
 
いろいろ縁があり、
内定者時代以来7年ぶりにロバート・キヨサキ氏の『金持ち父さんシリーズ』※2から何冊か読むことになった。
 
内定者の頃は、自分の体験が伴っていないだけに右から左に内容が抜け、
頭に残ったのは『ラットレース』という強烈な単語だけだったけど、
今読んでみると点と点が線になる感覚がある。
これが背景にあって、今までの自分のキャリアパスを整理していた※3。
 
 
来年以降も分野を変えて1年1テーマで点をつくりつつ、
いまを生きつつ、人生のテーマがビビっとおりてくるのを待とうと思う。
 
 
 
 
 
 
※1 これからの働き方をテーマに昨年読んだ本

私は新しい時代に向けて働いているの(ココ・シャネル) - 私は私。

 
 
※2 最近読んだ『金持ち父さんシリーズ』は以下の4冊。
改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

 

 

改訂版 金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント:経済的自由があなたのものになる (単行本)

改訂版 金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント:経済的自由があなたのものになる (単行本)

 

 

リッチウーマン―人からああしろこうしろと言われるのは大嫌い!という女性のための投資入門

リッチウーマン―人からああしろこうしろと言われるのは大嫌い!という女性のための投資入門

 

 

金持ち父さんのアンフェア・アドバンテージ: 知っている人だけが得をするお金の真実 (単行本)

金持ち父さんのアンフェア・アドバンテージ: 知っている人だけが得をするお金の真実 (単行本)

 

 

※3 自分のキャリアパスを整理してみた話