読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は私。

アディッシュ取締役 杉之原明子のブログです。

社内レクチャー(リーダー研修)を設計、全6回を終えて

仕事のこと アディッシュのこと
 
今年、アディッシュでは、リーダー研修を2本開設した。
 
コース1 事業を動かす(講師:江戸)
  • 対象:事業リーダー/事業リーダーの視点を持ちたいメンバー
 
コース2 ファシリテーション(講師:杉之原)
  • 対象:1名以上のチームを半年以上持っているメンバー
 
 
どちらも2015年1月から半年間(月1回ペース)。
参加希望制/事前課題あり/欠席不可。
 
2コースあわせて9名募集したところ、17名から参加表明をいただき、
コース1:2クラス、コース2:1クラスでスタートしている。 
 
 
私は、ファシリテーションをテーマに、
全6回の講座を設計・実施した。
 
昨日、担当した回がすべて終了したので、簡単にまとめたい。
 
 
1.ファシリテーションでなんでも動かせる!
 
ちなみに、「ファシリテーション」という言葉を知ったのは入社後だ。
 
当時は営業だった。
成果が出るのに時間がかかった私は、江戸さんから営業レクチャーを受け、
そこで「営業はファシリテーションだ!」という言葉をひしと受け取った。
 
今では、仕事をファシリテーションするとは、
  • ゴールを自ら設定し、
  • 実現のために作戦を立てること
  • その計画のファシリテーターであること
だと理解している。
 
江戸さんのレクチャーから、私とファシリテーションとの付き合いが始まり、
アポイント、講演、提案資料、会議、議事録、社内行事、朝礼の話…
ひとつひとつゴール設定と作戦作りをして臨んできた。
 
とりわけ、議事録については以前書いたとおりだ。
 
 
年々、ファシリテーションの威力を確信していて、
事の大小問わず、ファシリテーションをすればするほど
実現確率が高まることに気づいている。
 
ああ、ファシリテーションって素晴らしい!!!
 
 
2.恩返しがしたい
 
度々書いてきたとおり、インターンで入社して以来、
私は本当に多くの方に時間を投下いただいてきた。
  
昨年、江戸さんが私含め数名のメンバーに、
コース1の内容を作っては時間を取ってくれた。
 
そのときから、
興味のあるメンバーにも参加してほしい!
そうだ!2015年は参加者を全拠点から募ろう!
これに便乗して、私もなんかやっちゃおう!
 
各拠点のメンバーとの接点が増えてきた時期でもあり、思いが募った。
今まで私がやってきたことや教わってきたことを形にして、
事業や拠点関係なく伝えることが、私にできることなのではないか。 
 
 
3.カリキュラムのご紹介
 
私なりに、リーダーのファシリテーションについてうんうんと考えた。
本に書いてあるようなことをやっても意味ないしな。

f:id:adish_HRdelight:20150813160404p:plain

 
考えた結果、
リーダーのファシリテーションとは、
  • 会社、市場、事業、チームの状況を理解してゴールを設定する(ミッション)
  • メンバーを巻き込んで作戦を立てる(事業タスクシートとメンバーレビュー)
  • チームで成果を出すところまでがリーダーの仕事(情報発信)
と言語化してみた。
 
 
これをゴールに、講座内容を設計(まさにファシリテート)した。 
簡単に、全6回のテーマと事前課題をご紹介。
 

 
 
この研修には、仙台・福岡・マニラからそれぞれ1名、東京から3名、
所属も職能も年次も違う6名が参加してくれた。
 
各回の事前課題にきちんと取り組んでくれている、
時間通りにスタンバイいただいている、
テレビ会議越しにも真剣さが伝わってくる、
すべてのことに感動した。
 
至らないこともたくさんあったと思うが、感謝でいっぱいだ。
半年間お付き合いいただき、本当にありがとうございました!