読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は私。

アディッシュ取締役 杉之原明子のブログです。

あえて文字にして情報発信をする、ということ

仕事のこと
 
私は国語が大嫌いだった。
すべての始まりは小学校4年生の頃。
 
通っていた学習塾の国語の授業で、ひとりひとり音読をする時間があった。
まわりの生徒がすらすら読んでいる姿に圧倒される一方、
私は壊滅的だった。
 
そのときの、「大丈夫、この子?」的な空気がしんどく、
以来、音読はもちろん、書くことからも逃げるようになる。
 
高校1年時、国語が嫌いだからという理由だけで理系を選択。
御礼状を前に1時間机の前でただ座って過ごす。
年賀状が書けずに放置するのは毎年のこと。
 
 
そんな私が社会人になって驚いたのは、
文章を書く機会の多さだ。
 
しまった。
私、文章が書けないよ。
 
 
上司は大変だったと思う。
メールを一言一句添削、すべてのパワポにがっつり赤を入れ、
本当に手とり足とり見ていただいた。
 
初めて書いたプレスリリース原稿。
 
上司「…えっと、これ、あとどのくらいいける?」
 
 
ぐ…(もう無理です、、、
 

f:id:adish_HRdelight:20150923165643j:plain 

1.誰に何を伝えたいんだっけ。メールの構成を考える
 
私がなんとか文章を書けるようになったのは、
議事録のおかげかもしれない。
 
文章を書く、というよりは、
このメール一通、誰に何を伝えたいのか。 
構成を考える。
 
 
2.伝えたい!この思い!!
 
私が文章の威力を感じるようになったのは、
事業リーダーになってからのように思う。
 
私たちってこういう思いがあって、この事業をやっているのよ!
 
会議で伝える、Skypeや電話で伝える、手段は様々あるが、
肌感まで伝えるにはどうしたらいいだろう。
 
 
お客様にいただいた一言をチームに伝えたい。
このチームの意義を拠点を越えて事業全体に伝えたい。
この施策・人の素晴らしさを事業を越えて会社全体に伝えたい。
 
年に何回か、メールや手紙を綴るようになった。
 
不思議と、ハートが震えるような思いや出来事は、
文章が書ける書けないの次元ではない。
突き動かされてキーを打ち続けるような感覚だ。
 
もちろん、明るい話題だけではなく、私たちの至らなさについても、
どうしても伝えなければいけない、まとめなければいけないことがある。
 
 
3.あえて文字にして情報発信をする
 
文字にすることの良いところは、
内容を体系化及び抽象化できる点だと思っている。
 
体系化・抽象化できれば、汎用化できる。
 
それを見た他の事業やチームの何か役に立てれば嬉しいし、
いろいろなチームに採用されて会社のスタンダードになった日には最高だ。
 
 
あえて文字にして情報発信する。
 
この積み重ねで、あの人ってこういう分野に知見がありそうと思われれば、
自分の得意とする仕事が寄ってくる気すらする。
 
 
取り組んだこと、成果に結びついたこと、失敗したこと、
自分やチームの中で閉じてるなんてもったい!