読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は私。

アディッシュ取締役 杉之原明子のブログです。

ホワイトボード・ソリューション

 
私は、ホワイトボードが大好きだ。
 
新しい分野や課題を前にして期限が切られたとき、
今ある情報をすべて出し切るようにしている。
 
ひとりで考えるときは『頭のなかノート』に、
会議中はホワイトボードに。
 
 
1.そもそも私は書いて論点を整理するタイプ
 
議論がもつれたとき、煮詰まったとき、
私はおもむろにホワイトボードのペンを取る。
 
会話だけで論点を整理できる人もいるが、私はそうではない。
 
だから私はホワイトボードを使う。
全員が見える場所に情報を書き出して、考えながら整理する。

f:id:adish_HRdelight:20151126174855j:plain

 
 
2.「全員が見える場所」の威力
 
ホワイトボードが「全員が見える場所」であることは、
思った以上にキーな気がしている。
 
特に、英語の会議でホワイトボードに助けられたからだ。
 
私の圧倒的な英語力不足により、
会話だけではまるで論点が整理できない。
 
ちょっと、ほら!ホワイトボード見て!
私、ここまでしか理解できてないよ!
 
 
ホワイトボードに書くことで、
自分が理解できていない箇所がバレるのだ。
 
しなしながら、素晴らしいことが起きることに気づいた。
 
違う捉え方をされた、あるいは、意見が汲まれていないメンバーが
再度補足してくれるのだ。
 
それも自主的に。
 
より分かりやすい表現で。
 
 
3.プレゼン資料にも議事録にもなる
 
もはや伝わればいいのだ。
記録が残ればいいのだ。
 
f:id:adish_HRdelight:20151127141215j:plain
ガイアックス経営会議ロングMTG
議論後の情報共有プレゼンの様子。
 
f:id:adish_HRdelight:20151127141516j:plain
2016年予算作成にあたっての情報整理の様子。
アディッシュ事業部長が各々ホワイトボードに向かう。
これがそのまま議事録となる。
 
ホワイトボードを使うことで、
立ったり座ったりの動きも出て良い。
 
  
4.ホワイトボード書いてどん!会議のテンポを作る
 
ファシリテーター「この議題にたいして何か意見ありますか?」
 
全員:しーん。
 
ファシリテーター:「誰々、いかがですか?」
 
誰々:「まとまってないんですけどー、かくかくしかじか」
 
 
がー!!!嫌!この空気も時間も嫌!
 
ということで、
ついに手元用のホワイトボードを購入。
 
f:id:adish_HRdelight:20151127141506j:plain
アディッシュ管理部2016年計画作成の様子。
 
  1. 考える時間をとる。※良い感じの曲をかける(4分)
  2. 1曲終わったら、一斉に、ホワイトボードどん!
  3. ひとりひとり意見共有(1分×4名)
  4. 全体考察(2分) 
  5. 全員のホワイトボードを並べるだけで議事録完成!
 
このサイクルを、機能(総務、労務、採用etc)の分だけ繰り返す。
 
 
ああ、ホワイトボードって神!相棒!!