読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は私。

アディッシュ取締役 杉之原明子のブログです。

入社した理由、事業は「思い」の上に成り立っている

長期インターン 仕事のこと
 
私は、大学4年生のときにインターンとして働き始めた。
 
仕事をすることがどういうことか全く分かっていなかったが、
一番嬉しかったのは、 
 
「仕事は思いの上に成り立っている」
 
ことを知れたことだ。
 
 
仕事をするって、事業をつくるって、
思ったよりも、想像がつかないくらいアツいことなんだ!

f:id:adish_HRdelight:20151223170806j:plain

 
インターンとして入社後、私は当時新規事業にアサインされた。
誰もが右も左も分かっていなかった。
 
当然、何もつかめない時期が続いたが、
アポに行くたび、事業リーダーと役員が電車の中で議論をしていた。
 
「先生方がなにに困っているか」
「日本の教育がどうあるべきか」 
「子どもたちにはどのような経験をして社会に出てほしいか」
 
サービスがまったく受け入れられていないというのに、
この人たち、教育の未来について勝手に語っている!
 
 
以降、この会社で、
大人たちが「思い」を話しては涙するシーンを何度も見てきた。
 
私も胸がアツくなった。
こういう仕事をしたいと思った。
 
 
「なぜその事業をやるか」
「諦めない理由はなにか」
 
これが、私が新卒としてもガイアックスグループに就職することを
考えるようになった根源だったようだ。

※プレゼンタイトルは、当時の最終プレゼンのお題
 
 
 
 
 
 
 
 
<参考URL>
インターン時代の学び
 
・前回のレヴェリーの様子