読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は私。

アディッシュ取締役 杉之原明子のブログです。

身体運動は伝染する。ハピネスも伝染する

 
今年から、アディッシュ東京拠点にて隔月ペースで大ランチ会を行うことにした。
 
今日が2回目。たまたま東京出張中の沖縄拠点のエンジニア、フィリピン拠点のデザイナー、そして、今週からMedioに参画したインターン生も迎えて開催。
 
 
まいにち食堂のおねえさんに、「ひな祭りっぽいし、みんなで出来るなんか楽しいかんじの!」とオーダー。

f:id:adish_HRdelight:20160303161139j:plain

みんなでつつきながらの手巻き寿司スタイル。見てるだけでワクワクする!
 

f:id:adish_HRdelight:20160303161159j:plain

いただきますの挨拶は、1児のママ、通称お花畑さんが担当。
 
保育園のノリで、
 
「手と手を合わせて、はーい、みんなで、せーの!」
 
息子も社員も同じである。
 
 
さて、これを始めたのには理由がある。
 
東京の一体感とか、部署を超えたつながりとか、もちろんそれはそうなのだが、おそらく伝わっていないと思うが、
 
すべては、身体運動を発生させるためである。
 
 
 
昨年末、人工知能の全体像を理解すべく読み漁っていたのだが、中でも「ハピネス度」という項目が目に留まり、日立製作所で研究された方の著書『データの見えざる手』にたどり着いた。
 
現在、満足度を図るには、アンケートくらいしか方法がないが、とあるコールセンターのメンバーにウェラブルセンサをつけて生データを収集し、ハピネスの源を考察したという内容。
 
その実験で、以下が分かったという。
  • 休憩時間中の活発度が10%以上向上すると、受注率が13%向上

  • オペレーター業務はもっぱら「個人プレー」であり、「チームプレー」の要素が少ない。個人プレー色の強い業務でさえ、「現場の活発度」という「集団的な要因」が生産性やコストに強く影響している

  • 逆に、身体連鎖が起きにくい現場では、オペレーターの身体運動のスイッチがオフになり生産性が低下する

そして、データを考察した結果、「身体運動は伝染する。ハピネスも伝染する」というのだ。 
  • 複数人集まった場では、人の身体運動は集団的な協力現象を生み、人と人とが互いに影響しあうことで、その活発度は高まる

  • 自分の身体のことは自分(あるいは自分の脳)が決めていると考えがちだが、しかし、これは正しくない。まわりの人の強い影響を受けており、同時に周りにも影響を与えている

  • 我々が主観的に感じるハピネスとは、この集団的な身体運動の活性化にともなって生じる感覚(おそらくあとづけて生じる感覚や意識)だと考えると、ハピネスとは実は集団現象ということになる
 
過去、日立製作所では、かなり大規模な運動会を開催していたらしいが、「仕事の時間を削ってでも続けるべきだった」という一節は、私たちの運動会の捉え方も変わるわけで。
 
新たな取り組みは、当初は勢いもあっていいが、それがあることが当たり前になったとき、その意義より不満やめんどくささが勝ってしまうことがある。運動会ひとつとっても、業務外の身体運動の連鎖を発生させてくれ、これが私たちのハピネスにつながり、生産性に寄与しているとしたら、運営委員にはこれまで以上の感謝をしたいわけで。
 
 
この本を読み終えたとき、例えば、結束力が高い仙台拠点にて、部署もメンバーも関係なく毎日オンライン上で集合しているんですよ、という話を思い出した。
 
そして、同じように、あのチームが実施しているこの取り組みって、身体運動だよな。これがあのチームのハピネスや生産性につながっているのかしら。
 
頭の中を複数のエピソードが駆け巡り、私はなんだか本当に感動した。
 
 
まずは身近なところから。
 
ランチ会のほかにも、東京の16席をフリーアドレスにしたり、全拠点朝礼にプチヨガを取り入れてみたり。
 
「ハピネスが実は集団現象」なのであれば、これを念頭においてこれからの働き方や仕事の設計を考えたら、もっと楽しそうだわ。
 
こんなことをぐるぐる考えている次第である。
 
 
 
 
 
 
関連URL