私は私。

アディッシュ取締役 杉之原明子のブログです。

席の60%をフリーアドレスにしてみた

 
もともと、アディッシュは、
部署ごとに座らず、定期的に席替えをする文化。
 
代表江戸の考えだ。
私は、「自分の事業のみ自分のチーム」というセクショナリズムな考えは、好きでなくて、それを助長するような動きは、なるべくしたくないと思ってます。そのため、意図的に事業を混在した席配置としてきました。
 
おそらくは、業務が近しい人がそばの方が「楽」です。ただ、「楽」に流れることで、それが年月とともに、セクショナリズムをうみ、本当はひとつのチームであるはずなのに、「あいつら」と「われら」というような壁が、知らず知らずできていき、後々、大きな組織コストになると思ってます。
 
2016年に入り、様々な事情から、
ガイアックスグループ全体で座席を工夫する必要に迫られた。
 
そもそも社長もどこに座っているか分からないような会社だ。
 
私も、会議や外出が多い日はほぼ席にいない。
 
世の中の動きを見ると「所有する」という概念が変化してきている。
 
おまけに、アディッシュには席替え文化がある!
 
 
であれば、これを機に、
固定席を限界までフリーアドレス席にしてみよう!
と決意し、総務メンバーとぷぷっと楽しみながら進めている。

f:id:adish_HRdelight:20160413182616j:plain

本当に、デスクの上には何もない。

今までデスクにずっと置いていたものが全てなくなっても、
仕事に支障がないことに驚く。
 
な、なんとかなるわ!
 
 
工夫その1 ロッカー大を用意

f:id:adish_HRdelight:20160413182631j:plain

フリーアドレス席対象のメンバーには、大きいロッカーを用意した。
 
私もロッカー大に移動したが、
デスクに置いていたものが全然収納できない…!
 
これを機に、強制的に断捨離せざるをえず、
クッションとかぬいぐるみ(私も持つよ!)とかとさようなら。
 
現在、厳選した資料やグッズのみがロッカーにあるはずなのだが、
これまたほぼ使っていないことに気づいている。
 
 
工夫その2 郵便ポストの設置 

f:id:adish_HRdelight:20160413182631j:plain

フリーアドレスにして気づいたのだが、
会社に届く郵便物をデスクに置けないのだ。
 
代わりに、マグネット式の郵便ポストをロッカーに貼る。
 
月初は、執務スペースの壁にこれを移動させて貼り、経費精算ボックスへ。
優秀グッズ。
 
 
工夫その3 「私の席、空いてますよ」のサイン
 
ここまで来たら、フリーアドレス席にしていない、
残り40%の流動性も高めたい!
 
と、探求は止まらず、

f:id:adish_HRdelight:20160413181834j:plain

固定席も空いてたら座っていい、とは言え、座りづらいしな。
 
「私の席、空いてるよ」って、
どこから見ても一発で分かるようにしたい!
 
 
 
 
どーん。

f:id:adish_HRdelight:20160413181937j:plain

郵便ポストに次ぐ優秀グッズを発見。
 
ディスプレイの厚みにも余裕で対応。

f:id:adish_HRdelight:20160413181951j:plain

世の中の、「ちょっとあったらいいな」は既に解決されているんだなと
総務メンバーと感動した瞬間。
 
 
今回のフリーアドレス席プロジェクトは、
響きはなんだかそれっぽいが、
「明日から、あなた専用の席ありませんよ」という状況だ。
 
まずはやってみようとトライしてくれるアディッシュメンバーに、
それをサポートしようと工夫を重ねてくれる総務メンバーに、
 
これからも、会社はもちろん、世の中の動きも様々あるだろうけれど、
組織や価値観を硬直させずに変形しながら進んでいけると、
 
大げさだがそんなことを感じている次第だ。
 
 
さて、フリーアドレス席にすることによって、
どんな行動やコミュニケーションが増えたか、あるいは減ったか。
考察してまた書きたい。