私は私。

アディッシュ取締役 杉之原明子のブログです。

あたりまえになる、ことの嬉しさ

 
私は、アディッシュの全拠点朝礼を運営することに、
強い思いを持っている。
 
たかが朝礼、と思われるかもしれないが、
アディッシュの今のフェーズを見ても、
過去を振り返った上でも必要であると考え、
粛々と運営している。
 
 
全拠点朝礼は、昨年10月1日に始まり、
最初はちょっとしたアトラクション感もあったかもしれないが、
半年続けると、それが当たり前になり、
いつの間にか新鮮さが失われ、ルーチンな雰囲気が漂う。
 
半年に一度、振り返りをしようと決め、
少しずつ改善をしながら進めている。
 
 
そんな創意工夫と日々運営を一緒にしてくれているのが、
運営委員会のメンバーだ。
 
今日は、仙台拠点の林さんにインタビューしてみた。
 
 
Q. 林さんが、全拠点朝礼委員会で活動している理由を教えてください。
拠点間の距離を少しでも縮めたいと思って実施しています。

会社のミッションで「つながり」とあるが、
会社内でのつながり自体が薄いと感じていた。
(四半期に一度の全体会議や半年に1度の合宿ぐらい)
 
東京拠点は出張とかで会う機会はあるけど、
他拠点は出張もなく、つながりはほぼ皆無に近かった。

アディッシュの朝礼は、全拠点含め全員、一言チェックインや拠点ごとにトピック共有があります。
 
他の拠点にはどういう人がいて、どういうことがあったのか、という内容が共有されるようになってきているので、
少しでも他拠点との距離が縮まってきたと思う人が出てくれば良いなと思います。

f:id:adish_HRdelight:20160517182946p:plain

 

Q. 運営委員会をやっていて、楽しいとか手ごたえを感じることはありますか?

マエケン体操したときに「マエケン体操で元気いっぱい!」っていうコメントいただきまして、
一部の人でもそういった声をいただけたときに達成感感じます。
 
英語の司会も普段の生活ではありえない経験なので、良い経験になっていると思います。

f:id:adish_HRdelight:20160517183037p:plain

 

Q. ぶっちゃけ、全社イベントの運営って時間取られてめんどくさくないですか?

1人で全部だったらめんどうかもですが、運営メンバが協力してくれるので問題ないです!

f:id:adish_HRdelight:20160517183005p:plain

 
正直、驚くレベルでとっても真面目にコメントを寄せてくれた。
何より仙台拠点が楽しそう~!
 
 
その頃、東京はこんなかんじ。
f:id:adish_HRdelight:20160517182215j:plain
 
全拠点ではこんなかんじ。
f:id:adish_HRdelight:20160517182227j:plain
 
ちなみに、私は、運営委員会のおかげで、
全拠点朝礼が当たり前に開催されていること自体が嬉しい。 
 
この先も、少しずつ改善しながら、
ちょっと挑戦してみよ!ちょっと得意分野披露!ちょっと楽しい!の、
「ちょっと」を散りばめながら運営できたら、と考えている。
 
 
 
 
 
 
#仙台拠点の様子
 
 
#朝礼の様子、関連記事