読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は私。

アディッシュ取締役 杉之原明子のブログです。

1ヶ月で第二種衛生管理者試験に合格する勉強法

仕事のこと
 
TOEIC900点を目指した際、勉強法についてかなり学びがあったので、その経験を存分に活かして臨むことにした。
 
 
1.まず、敵を知る
 
勉強がデキる人は、まず、勉強方法を勉強する(KURIHARAメソッド)ことを思い出し、試験に関する情報収集をする。
 
検索キーワードは以下。
  • 試験名
  • 試験名 合格率
  • 試験名 点数配分
  • 試験名 ブログ
  • 試験名 勉強時間 
 
合格率は70%程度で、どちらかというと運転免許のノリっぽいと総評。数日で合格した方もいらっしゃる(すごい!)が、私は、一定期間かけて記憶を定着をさせる必要があるタイプのため、勉強期間を1ヶ月と定める。
 
 
2.次に、試験を申し込む
 
参考書を見て怖気づいても嫌だし、ダラダラ勉強していてもしようがないので、勉強を始める前に試験に申し込む。これは、私スタイル。
 
結構な頻度で試験が開催されているので申し込みやすい。ただし、受験資格の準備に時間がとられるのでご注意を。
  • 卒業証明書の取り寄せ
  • 事業者証明の準備(実務1年以上)
 
 
3.勉強を始める、参考書は1冊だけ
 
恩師の教えに従い、使う参考書は1冊だけ。
 

f:id:adish_HRdelight:20160604222413j:plain

↑私が選んだ1冊はこれ。
 
 
4.1ヶ月の使い方
 
参考書1冊を3周し、過去問を3回分×2度解く。
 
  • Week1:テキストを1周する。このとき、何もチェックしない。(30〜60分/日)
  • Week2:覚えていない箇所(※大切な箇所ではない)にマーカーを引きまくりながら2周目(30〜60分/日)
  • Week3:マーカーを引いた箇所だけ3周目+模擬テスト(30分/日)
  • Week4:過去問(※Webにあり)3回分を2度解く(45分/日)
 
過去問の威力が抜群なので、記憶力が良い人やこの分野に慣れている人は、もっと短い勉強期間でも安心して合格できそうだ。
 
 
余談だが、今回一番驚いたのは、運営のオペレーションだ。
 
試験会場は関東安全衛生技術センターというところ。千葉県は五井という地まで遠征しなければならないという、変えがたし事実に完全に萎えていたが、私は驚いた。
 
改札を出た瞬間から、試験を終えて戻ってくるまでの導線が完璧だったのだ。会場までのバス/タクシー配車、教室までの誘導、事前説明・配布回収まで、一寸の狂いなく運営されていた。
 
 
しかし、ならば開催地を増やしてよと、今でもちょっと思い出すと呪いたくなるレベルで遠かった…。