私は私。

アディッシュ取締役 杉之原明子のブログです。

生みの苦しみ

 
私は、インターンのときに新規事業の立ち上げに参画し、
当時の上司にたくさんのことを教えてもらった。
 
その後、複数の事業を見たり、私の強みを振り返って考えると、
事業を立ち上げるときの「心の持ち様」を一番学んだんだと思う。
 
なぜなら、私たちには、戦略も知見もネームバリューも何もなく、
もはや「心」しかなかったからだ。
 
 
事業の立ち上げ当初は、
恥ずかしくなるくらい自分のことしか見えていなかった。
以下、あくまでも1視点での物言いになることをご容赦いただきたい。

f:id:adish_HRdelight:20160622194912j:plain

 
サービスの命運をかけたシステムをリリースしたときのことだ。
 
想定していたことができない。
謎の文字列が報告書に出力される。
数百の報告書をすべて手で直し、納品できる状態にしていく。
 
ある日、遅くまで報告書を修正していたときに、
音楽に飲み込まれて、涙が止まらなくなった。
こんなときに奮い立たせる系の音楽は聞いてはいけない。
 
なんで?
 
なんで営業が、なんで私が全部やらないといけないの?
 
なんで、なんで、なんで。
 
 
生みの苦しみだよ。事業を立ち上げるって、そういうことだよ。
 
何かの折に上司に漏らしたときに言われた言葉だ。
 
正直何も解決されてないけど、
そういうことってどういうことか分からないけど、
ぴーぴー言っている場合ではないと思った。
 
理由なんていらないのだ。
そんなもの、あとから分かるのだ。
 
 
「生みの苦しみ」
「走りながら考える」
「私たちが日本で一番この問題について考えている」
 
いくつもの言葉をもらって、何度も唱えて走った。
 
 
世の中には「やり方」が溢れているが、
一番大切なのは「心の持ち様」なのではないか。
 
これは、なにも新規事業だけではない。
どんな粒感でも、事業を築き続けるのは根気がいることだ。
歯を喰いしばる必要がある時がある。
 
私は、メンバーといろんな言葉を一緒に口にしながら、
チームでひとつひとつ乗り越えていきたい。
 
 
 
追伸;
システムをつくって安定運用させることって本当に大変だ。
今なら分かる。チーム力の塊だ、チームの姿なのだ。
今なら分かる。だから他社が容易に真似ができないのだ。
 
 
 
 
 
 
#参考URL
 
 
 
 
 
広告を非表示にする