私は私。

アディッシュ取締役 杉之原明子のブログです。

資格の勉強が手っ取り早い分野について

今回取得したのは「個人情報保護士」。マイナンバーの取り扱い含め情報セキュリティ分野を適切に捉えていくために、大枠を理解する目的で目指すことにした。

f:id:adish_HRdelight:20171103122014j:image

使ったテキストはこの2冊で、勉強期間は1カ月。勉強方法は第二種衛生管理者試験と同じ。  

1ヶ月で第二種衛生管理者試験に合格する勉強法 - 私は私。

 

なんだかんだ手っ取り早い

もちろん、資格があるからと言って何かに有利であるなど一切何も思わない。ひとえに、手っ取り早く大枠を掴むことが目的だ。本を読む、ググる、セミナーに参加する、スクールに通う。勉強方法は様々あるが、普段使わない知識は右から左に抜けていく。きれいさっぱりと。

スクールに通うほどではないけれど、ナナメ読みよりは知識を定着させたい分野は、資格の勉強が手っ取り早いと感じている。私にとっての個人情報分野は、まさにそれだった。

 

やっぱり動機が必要

とは言え、動機がない状態で勉強したところで簡単に合格できるものでもない。

  • 色彩検定:ミーハー心から目指したが、教科書5ページで挫折
  • 簿記:3級に2回落ちて萎えるも、惰性の粘りを見せて3度目で合格。2級のテキストは葬る
  • 基本情報技術者試験:謎の義務感から目指す。2回落ちてさようなら
  • 社労士:大物資格のため、自分のキャリアパスと連動させて動機を慎重に確認。通信講座に入会し本気で勉強を開始するも、プロと出会うと同時に動機がきれいさっぱり消滅。すべての教材を会社に備置

動機がある分野は達成するし、そうでないものはやっぱりそんなに甘くない。(と言いつつ、自宅の一角に手つかずのテキストが積まれている…)

 

大物を目指す予定はしばらくないが、年に1〜2は引き出しを増やしていきたい。