私は私。

アディッシュ取締役 杉之原明子のブログです。

ロールモデルへのプレッシャー「あとは結婚(と出産)だけだね」について

このブログは、「大変失礼ですけど、結婚されてますか?」について - 私は私。 の続編である。

 

「あとは杉ちゃんが結婚して、子どもを産んだら完璧だね」  

「杉之原さんが子どもを産んで働き続けることに意味があるんだよ」

大変ありがたいことに、このような声をいただくことがある。気にしすぎているわけではないけど、気にならないわけでもない。非難したいわけではないし、ピュアに言っていただいていると思う。

ただ、期待いただいて嬉しい一方で、こればっかりは頑張りようがない。

f:id:adish_HRdelight:20180420092512j:plain

 

制度はあるにこしたことはないけど、本質は仕事の仕方

先日リリースいただいた、チームメンバーの松下と一緒に取材いただいた記事なのだが、私はこれがお気に入りだ。

www.mamatenna.jpm

私は、「職能タスク(日々の仕事)」と「事業タスク(ありたい姿を実現するための仕事)」という仕事の仕方が好きだ。

「働き方を自分でつくることができるので、業務範囲を着々と拡げることができ、今後ますますキャリア形成に力を入れていきたいです」(松下さん)

とあるが、強調したいのは、松下とは、単に時間をやり繰りする働き方ではなく、仕事の仕方を変革してきたことだ。2年かけて。

松下と出会ったとき、彼女は日々の仕事である職能タスク100%の状態で、ルーチンワークに追われ、時間の融通が利きづらい状態だった。現在は、職能タスク55%・事業タスク45%となっていて、仕事と時間の使途を自分でコントロールできる働き方へと変わった。さらに、事業タスクを通じて業務範囲を拡げ、新たなキャリアパスに挑戦もしている。 

書くのは簡単だが、これまでの仕事の仕方を変えることは、誰もがやり切れることではない。何よりも、松下の推進力が素晴らしい。松下にとってのこの2年間を知ることができたこと、こういった情報発信をすることができたことが、私はとても嬉しい。

 

既にいるロールモデル見える化すればいい

子どもを持つ女性社員のロールモデルは、私じゃなくたっていい。既にあるストーリーを見えるようにしていけばいいんだと、今年はそういう年にしていきたいと思っている。

 

 

 

 #関連URL

子どもを授かりました。こんなときに申し訳ありません - 私は私。 

ママパパ社員に囲まれて、チームのタスク設計が変わった話 - 私は私。