私は私。

アディッシュ取締役 杉之原明子のブログです。

会議設計、ファシリテーション、自分の世界共通スキルを考える

 
アディッシュにはフィリピン拠点がある。ちょうど4年前、拠点の立ち上げに私の同期も奔走していて、話を聞いているうちに、いつか私も行ってみたいなーと思うようになった。
 
業務上、フィリピンとの関わりを持つことはほぼないが、フィリピンに行きたいと決めてから約2年。
 
ついに叶った。
  
私は嬉しい!!!
 
 
フィリピンに来て、早1週間が経とうとしている。私の英語力はと言えば、仕事ができるレベルには程遠いが、だからこそ、自分のスキルを問う。

f:id:adish_HRdelight:20151126171143j:plain

 
 
1.準備がすべて
 
フィリピン拠点の中期計画の作成に参画してきた。いくつかディスカッションをする中で、メンバーの認識がこんがらがっているように見受けるシーンがあった。何かが議論を前に進まなくさせている。
 

f:id:adish_HRdelight:20151126174855j:plain

 
軌道修正のために会議が再度行われることとなり、そして、その会議のファシリテーターを打診いただいた。
 
 
ぐっ!!英語!!でも、ここでイエスと言わなければ、自分の価値がない!!
 
  1. 会議で何を感じたか、ひとりひとりにヒアリングする
  2. 議論がつまづいている根元を探る
  3. 現在の状況を整理、それを解決するための問いを考える
  4. 3の内容を再度ひとりひとりとすり合わせる。絵を描きながら認識をすり合わせる
  5. 事前に、議論の前提整理とアジェンダをメールで送る
 

2.ファシリテートする
 
事前に送ったメールをもとに開始。再度、議論の前提とアジェンダに違和感がないか確かめる。
 
あとは、ファシリテーターに徹する。 
 
  1. 出てきた意見をホワイトボードに書き留める
  2. 意見と意見をつなぎあわせる
  3. 論点を整理する
  4. 状況を見て、時には論点を切り捨てる
  5. 意見を集約させる
 
 
議論が終わった後、声をかけてもらった。
  
Good Job!
 
 
私の言いたいことを汲み取ろうとしてくれるメンバーに大いに支えてもらいながら、なんとか仕事をしている。
 
 
 
 
 
 
*参考URL
 
フィリピン拠点立ち上げ時のページを発見!(初めて見た!)
私の同期です。
 
フィリピン拠点出張に至るまで