私は私。

アディッシュ取締役 杉之原明子のブログです。

自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ(茨木のり子)

最近、茨木のり子さんの詩「自分の感受性くらい」とよく遭遇する。

『自分の感受性くらい』 

 

ぱさぱさに乾いてゆく心を

ひとのせいにはするな

みずから水やりを怠っておいて

 

気難しくなってきたのを

友人のせいにはするな

しなやかさを失ったのはどちらなのか

 

苛立つのを

近親のせいにはするな

なにもかも下手だったのはわたくし

 

初心消えかかるのを

暮しのせいにはするな

そもそもが ひよわな志にすぎなかった

 

駄目なことの一切を

時代のせいにはするな

わずかに光る尊厳の放棄

 

自分の感受性くらい

自分で守れ

ばかものよ  

 

この詩は、戦時中の胸中をうたったものだという。

少しでも思いを馳せて再読すると、言葉が出ない。私は分かっていない。自分のやりたいことが出来ない、音がなくなっていく状況に身を置いたときの自分を。

f:id:adish_HRdelight:20180509091504j:plain

自分を保つのは自分。誰かがやってくれるんじゃない。

まして誰かのせいじゃない。